« 写真で語るメコン川流域3カ国(23):ラオスの小学校で清掃活動 | トップページ | メコン川流域3カ国の余談:ベトナム経済のインフレーション懸念(上) »

2009年9月 6日 (日)

ラオス証券取引所は着実に準備進行中:ラオス現地から速報

 ラオス証券取引所は開設に向けて準備進行中である。以下は、Vientiane Times, Friday September 4, 2009の記事の引用である。

 ラオス証券取引委員会は、株式市場を2010年末までに設立する準備計画の作業を昨日(2009年9月3日)ビエンチャンで開催された委員会第1回会議で承認した。会議は、委員会委員長で常任副首相ソムサヴァット=レンサヴァド氏によって主催され、ほかの高官が出席した。

 作業には、証券市場に登録しようとする国営企業と民間企業に助言することが含まれている。ソムサヴァット氏は、ラオス証券取引所設立に応用されうる他国の教訓を研究するように高官に要請した。関連職員に対しては、証券市場に上場する企業の条件のみならず人的資源・株式市場関連規則についても準備するように強く指示した。

 成功した株式市場の最も重要な要因は2つあり、その1つは人材であり、もう1つは透明性のある会計であると高官は述べている。また委員会は、ラオス電力(Electricite du Laos)やラオス外商銀行(Banque pour le Commerce Exterieur Lao)を始めとする上場が期待される可能性ある企業7社についても議論した。

 会議は政府が5月に承認した株式市場設立の政令について草案修正を議論した。それから草案の政令はブアソン=ブファヴァン首相に対して検討と承認のために提出される。また会議では、株式市場を開設するための調整委員会の役割に関する法律が議論され承認された。

 なお、証券取引委員会は、株式市場の設立と操業を規制・管理する独立した団体である。

 政府は、ラオス企業が資本を利用可能にすることを保証し、将来の経済発展を推進するために株式市場設立を非常に重視している。政府は、ラオス株式市場の設立に協力する覚書を韓国証券取引所と2007年に調印した。

 また株式市場には、資本を利用する企業が直面する困難に対応する目的もある。多数の銀行や金融機関がラオスで操業しているが、企業に対して長期の投資資金を提供できない。

 株式市場は、第8回党大会決議における2006年から2010年の社会経済発展5カ年計画の最終年である2010年に開設される。2010年までに株式市場が開設される計画は、2007年の国家銀行(中央銀行)会議で承認され、準備がそれ以来進められてきた。

happy01コメントwobbly:証券取引所の開設時期が、当初の10月10日から年末に延期されたように受け取れる記事であるが、それはラオスの現状を少しでも知る人は驚くに当たらない。意思決定の遅延は織り込み済みである。現在のラオス株式市場の注目点は、未公開株の取得である。その情報収集力と資金力が要(かなめ)である。安定的な長期株主として経営に貢献する戦略的パートナーをラオス側は当初に求めているのである。

   

|

« 写真で語るメコン川流域3カ国(23):ラオスの小学校で清掃活動 | トップページ | メコン川流域3カ国の余談:ベトナム経済のインフレーション懸念(上) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/31232674

この記事へのトラックバック一覧です: ラオス証券取引所は着実に準備進行中:ラオス現地から速報:

» 北朝鮮 [北朝鮮]
北朝鮮はナチス・ドイツと並んで独裁国家、軍事国家の典型例とされています。北朝鮮という国の状況をいろんな角度から紹介しています。 [続きを読む]

受信: 2009年9月 7日 (月) 08時51分

» 日経225mini [日経225mini]
日経225miniは株式投資のように、銘柄選びが必要なく、少ない資金で投資できるので、主婦やサラリーマンに人気になっています。日経225miniのしくみやメリット利益の上げル方法を紹介したブログです。 [続きを読む]

受信: 2009年9月12日 (土) 14時21分

« 写真で語るメコン川流域3カ国(23):ラオスの小学校で清掃活動 | トップページ | メコン川流域3カ国の余談:ベトナム経済のインフレーション懸念(上) »