« 写真で語るメコン川流域3カ国(4):ベトナム商業銀行のカンボジア進出 | トップページ | 写真で語るメコン川流域3カ国(6):悠久のメコン川を眺める »

2009年8月18日 (火)

写真で語るメコン川流域3カ国(5):続・プノンペン市内の点描

 かなり不愉快な日本人に会った。これでは日本とカンボジアの将来は暗澹(あんたん)としてしまう。それに本人は気がついていない。このような日本人を駆逐するためにも、カンボジアの経済発展に貢献したい。カンボジアを好きでない人がカンボジアで仕事するべきでない。ここで「ひょっとして私では?」と思う人に悪い人はいない。思わないから困るのだ。

Dsc02793  さて、昨日のブログで「韓国資本のゴールドタワー42」と紹介したが、その所有権が韓国から中国に売却されたと聞いた。これは、ありそうな話と思われるが、未確認である。いずれにせよ中国の潤沢な資金力と迅速な決断力はカンボジアを席巻している。

Dsc02799 馴染みの運転手トーチさんは「首相官邸」と言っているが、これは建設中の「国家協議委員会」(国会議事堂)の建物である。この中の首相執務室が気に入らないからと言って、この左側に新しい建物が建設中である。これはフンセン首相のワガママと思うのは早計である。それは首相のカンボジア人としての矜恃である。なぜなら国会議事堂は中国政府の援助だからである。

Dsc02821 以上のようにプノンペン市内は近代化するものの、それは韓国そして中国の投資で溢れている。左は宿泊しているアーモンドホテル。インターネット接続も今のところ順調である。どうも土日になると室内での接続が増えて、接続状態が悪くなるように思われる。こうなると深夜の使用が最善である。

 このホテルは朝食付きで割引料金58ドル。市内の旅行会社に支払った。朝食は定食であるが、複数のメニューから選択できる。ブッフェ形式で食べ過ぎないのがダイエットには効果的だ。現在の私は一緒に会食する以外は朝食とビールと水で生活している。

Dsc02833  プノンペンで不可欠の観光地である王宮である。この前の広場にはハトが飛び交っている。私は以前に訪問したが、観光地として一見の価値はある。ここと隣接する国立博物館を訪れると、だいたい半日のコースである。この博物館では、クメール人の誇りを感じさせる展示がある。上記で「フンセン首相の矜恃」と述べたが、カンボジア人の誇りがある限り、カンボジアの経済社会の発展は、紆余曲折はあるものの間違いない。

|

« 写真で語るメコン川流域3カ国(4):ベトナム商業銀行のカンボジア進出 | トップページ | 写真で語るメコン川流域3カ国(6):悠久のメコン川を眺める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/31015908

この記事へのトラックバック一覧です: 写真で語るメコン川流域3カ国(5):続・プノンペン市内の点描:

» 常和ホールディングス【3258】、マンダム【4917】売りました。226,600円の利益です♪ [株式投資でミリオネーゼ]
皆さん、こんにちは〜★ 今日は、またもや反落しちゃいましたね 調整局面に入っているせいか、為替も弱い動きで昨日小幅に上昇したから早くも調整抜けて再度上昇を期待してただけに読みづらい相場になってきました。 同じ読みづらい相場でも調整局面相場よりは、過熱感いっぱいの上昇相場の方が気持ち的に楽だと改めて感じているミナミですが... [続きを読む]

受信: 2009年8月20日 (木) 13時32分

» 中国旅行の観光スポットめぐり [中国旅行の観光スポットめぐり]
中国旅行の際などに訪れる世界遺産や都市を絞りきるのは難しいのですが、 中国旅行の定番、人気のスポットと言えばどのような場所があるのでしょうか。 [続きを読む]

受信: 2009年8月30日 (日) 21時17分

« 写真で語るメコン川流域3カ国(4):ベトナム商業銀行のカンボジア進出 | トップページ | 写真で語るメコン川流域3カ国(6):悠久のメコン川を眺める »