« 写真で語るメコン川流域3カ国(3):プノンペン市内の点描 | トップページ | 写真で語るメコン川流域3カ国(5):続・プノンペン市内の点描 »

2009年8月17日 (月)

写真で語るメコン川流域3カ国(4):ベトナム商業銀行のカンボジア進出

 月曜日は午後から市内を動いた。その中でサコムバンクを見かけた。サコムバンクはベトナムで1991年に設立された商業銀行であり、ベトナム株式投資でも人気銘柄である。

Dsc02782  同行が2009年6月23日にプノンペン支店を開設した。すでにラオスにも支店がある。その主要な顧客はベトナム企業を想定している。サコムバンクはカンボジアで27番目の商業銀行となった。

 行内は明るい雰囲気であり、受付の女性の対応も親切であった。顧客は私だけであったが、おそらく多数のベトナム人口座が開設されているのだと思う。ベトナム人ビジネスパーソンのカンボジア経済に対する一般的な評価は、金融が自由なことである。

Dsc02785  そんなことを思うと、ベトナム企業のマネーロンダリングにカンボジアの銀行が利用されることも考えられる。また現状では、ベトナムから国境を超えてカンボジアに持ち込んだ米ドルは、カンボジアから自由に海外送金できる。ベトナムの外貨管理のために規制が必要であると思われるが、それはベトナムとカンボジアの政治的関係に依存する問題である。

 ただし、こういった海外送金にカンボジアの銀行をベトナム人が利用する場合、自国の銀行の口座を使うかどうか疑問である。サコムバンクにベトナム金融当局が調査に入れば、すべての取引が判明するからである。

 なお、サコムバンクのカンボジア進出の背景や意図については、社団法人・日本ベトナム経済交流センターの月刊ニュース9月号に掲載する予定である。

|

« 写真で語るメコン川流域3カ国(3):プノンペン市内の点描 | トップページ | 写真で語るメコン川流域3カ国(5):続・プノンペン市内の点描 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/31002014

この記事へのトラックバック一覧です: 写真で語るメコン川流域3カ国(4):ベトナム商業銀行のカンボジア進出:

« 写真で語るメコン川流域3カ国(3):プノンペン市内の点描 | トップページ | 写真で語るメコン川流域3カ国(5):続・プノンペン市内の点描 »