« 映画・仲代達矢版『不毛地帯』を見る;期待される唐沢寿明版のテレビドラマ | トップページ | ダナン~ビエンチャン »

2009年7月30日 (木)

草食系人間について:成熟経済の産物か?

 3回生の就職活動が始まろうとしている。大学のキャリア開発(=就職支援)課に「就職予備登録票」を提出しなければならない。

 ・家族構成
 ・ゼミを選んだ理由
 ・大学時代に熱心に取り組んだこと
 ・私の性格
 ・クラブ・アルバイト
 ・ ・・・・・・

 こういった個人情報を記載する書類である。もちろん「マル秘」扱いである。これに基づいて教職員は就職指導する。私のゼミ学生が相談に来て「私の性格」について議論になった。

 「そういえば、私には「負けん気」が強いという性格はないですね」。「・・・・・・」。

 これは現状肯定の思想を意味している。「今に見ていろ」とか「負けてたまるか」という気持ちが彼には起こらないのであるとすれば、それは向上心の欠如といえるかもしれない。

 あらゆる手段を活用して自分を常に奮い立たせてきたと私は思うが、最近の学生はそうでもないらしい。こういった学生が特殊なのか一般的なのか。一般に「草食系」人間が増えていると言われているから、ギラギラした闘争心は時代遅れとみなされるのかもしれない。

 これが、戦後に経済成長を追求してきた日本社会の到達点ともみなされる。成熟経済とは、こういう状態を意味すると理解されうる。それでは次の目標は何か。経済成長最優先からの「パラダイム転換」が検討されてもよい。

 このような大きなテーマではなく、上記の学生のような個人レベルの話で言えば、そのひとつの答えは「自分自身に負けない」ということである。柳生連也齋が述べているように、「昨日の自分と今日戦う」(とみ新蔵『柳生連也武芸帖』リイド社)。他人を相手にするのではなく、自分自身を相手にして戦う。こういう心境の人に会ってみたいし、そのような心境になってみたいものである。

|

« 映画・仲代達矢版『不毛地帯』を見る;期待される唐沢寿明版のテレビドラマ | トップページ | ダナン~ビエンチャン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 草食系人間について:成熟経済の産物か?:

» テレビCMを見る [テレビCMを見る]
あなたはテレビCMを見ているだけでお金をもらう権利があります http://123.moto-nari.com/ [続きを読む]

受信: 2009年8月14日 (金) 08時51分

« 映画・仲代達矢版『不毛地帯』を見る;期待される唐沢寿明版のテレビドラマ | トップページ | ダナン~ビエンチャン »