« 大学教授と企業経営者:その兼務の意義を考える | トップページ | ルア=モイを冷凍して飲む »

2009年7月20日 (月)

ベトナム料理を賞味しながらベトナムを語る会

 去る7月16日(木)に表題の会が開催された。ベトナム料理とベトナムを共通の話題として数ヶ月に1回、同好の人々が集まろうという会である。

 この会は、もう10年近く前にJETROハノイにおられた朝倉俊雄さんが提案された。もともとベトナムOB会という性格があったが、女優の三林京子さんも参加されたりして、幅広い人々の集まりとなった。

 今回は、宝塚国際交流協会やベトナム友好協会の方々が出席され、総計で16名ほどになった。前前前の宝塚市長であった庄司さんもお越しになられた。庄司市長には、前公使のリヨンさんと日本ベトナム経済交流センター理事長(当時)の人見さんと一緒に宝塚市役所に面会に伺ったことがある。その時から宝塚市とベトナムとの国際交流が始まっている。

 その当時、宝塚歌劇のベトナム公演といった話題で盛り上がったことを記憶しているが、ベトナム人にとって宝塚歌劇は時期尚早という判断であった。

 今回の「会」では、そのリョン前公使のご子息であるアイン領事(在大阪ベトナム総領事館)の出席を賜った。偶然というか、縁というか、不思議な巡り合わせである。

 ベトナム料理店は、レストラン・リヴゴーシュ。http://r.gnavi.co.jp/k208601/
大阪市営地下鉄・淀屋橋の11番出口を出て、斜め左前に見える芝川ビルの地下1階である。日本人のシェフというのだが、本場の味を維持していた。ベトナム人であろうが、日本人であろうが、美味しければよい。

 平日であるにもかかわらず、店内は若い女性が多く、ベトナム料理の人気が実感できた。このような会をまた開催したいと思う。幅広い人々の出逢いの場になれば嬉しい。

|

« 大学教授と企業経営者:その兼務の意義を考える | トップページ | ルア=モイを冷凍して飲む »

コメント

どうも始めまして。最近過去ログも含めて、通読させていただき、たいへん貴重な情報感激です!。
2008年2月25日 (月)
カンボジアの投資銀行:ベトナムが設立した! の記事で、
カンボジアにおける投資ファンド運用管理会社の法的な地位、設立のための最低資本金など施行細則法的枠組み、是非是非、現状どのようになっているか、お教えいただけないでしょうか?
宜しくお願いいたします。メール頂けると、まずこちらの自己紹介もできます。(ココの紙面の関係で長くかけないもので)

投稿: 石原 誠 | 2009年7月21日 (火) 15時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/30620361

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナム料理を賞味しながらベトナムを語る会:

» 沖縄とベトナムのつながり [ベトナム投資信託]
琉球ガラス製造販売を手掛ける沖縄の企業「株式会社 森のガラス館」が、1995年に... [続きを読む]

受信: 2009年7月29日 (水) 11時24分

« 大学教授と企業経営者:その兼務の意義を考える | トップページ | ルア=モイを冷凍して飲む »