« イラン選挙の開票結果に対する信頼性:カンボジアそして日本 | トップページ | 講演会『ASEAN諸国の最新経済情勢報告―メコン川流域国の経済情勢に注目』の開催 »

2009年6月17日 (水)

ベトナム株式投資「JAM詐欺事件」についてコメント

 NHKテレビのニュースを見ていると、東京の投資会社JAMが、ベトナム未公開株に投資するなどとして1万人から200億円以上を集めたという詐欺事件が報道された。事件の全貌を未だ知ることができないので、以下では、こういった事件の一般的な背景を検討する。

 ベトナムで「投資ファンド」を運用するためには、ベトナム証券法に従わなければならない。投資運用会社の設立と操業は、国家証券委員会の認可を必要としている。それによって投資家は法的に保護されるし、証券売買に伴う不正防止となっている。他方、日本の「投資ファンド」ビジネスは、金融商品取引法の規制下にある。

 ただしベトナムでは、国家証券委員会の認可をもたない日本人の投資会社が「投資ファンド」の運用をしている事例がある。ベトナムの証券会社に売買注文を出す場合、その口座を開設するために名義人に関する面倒な申請書が求められるが、その口座を通した資金の出所までは問われない。それが日本の「投資ファンド」資金であっても問題視されない。

 以上の日本人の「投資ファンド」はベトナムで合法である。しかし、その投資ファンドの受益者である日本の投資家はベトナム法の保護は受けていない。ベトナムから見れば、日本人が勝手にベトナムで株式売買しているという位置づけである。このことを日本の投資家は自覚しておくべきである。

 もし今回の詐欺事件の投資ファンドが、こういった無認可の投資会社ではなく、ベトナムで認可を受けた投資運用会社を通していれば、そのベトナムの投資運用会社は、国家証券委員会や顧客に投資運用の報告書を提出する義務がある。また投資資金を保管する預託銀行は預託した現金と株式の証明書を投資ファンドの受益者に提出しなければならない。受益者である日本の投資家は、少なくとも自分の投資した資金が、どのように運用されているかを知ることができる。

 ベトナムの投資運用会社を通さない投資ファンドに投資しても、おそらく運用成績は日本の投資家に通知されるであろう。しかし、それはベトナム法で規定された報告義務を果たしているのではなく、日本の投資ファンド運用者が恣意的に知らせているに過ぎない。日本の担当者によって運用成績の報告に不正や中断があっても、それはベトナム法では問題とされない。あくまでも「日本人が勝手にベトナムで株式売買している」にすぎないとベトナムでは認識されるからである。他方、もしベトナムの国家証券委員会の認可を受けた運用会社を使用した投資ファンドであれば、こういった報告の不正や中断は違法である。

 日本とベトナムにおける投資ファンドの法的規制の双方に合致していれば、投資ファンドの受益者である投資家は日本とベトナムの法律の両方から保護される。この意味で二重に安心」である

 なお今回のJAM詐欺事件の場合、運用手数料や成功報酬は、どの程度だったのであろうか。これらが通常よりも安いとなれば、それだけ「リスク」は高いと考えることもできる。換言すれば、高い手数料という意味は、それに応じた「リスク低減」という理由が含まれていると考えられる。投資ファンドにおいて手数料が安い場合、その運用体制の「リスク」が通常よりも高くないかどうかを疑ってみなければならない。

 投資ファンドの各種手数料や報酬は、安ければ安いほどよいというものでは必ずしもない。「安かろう悪かろう」とまでは言わないが、安いということは、その投資スキーム全体の一部の「チェック機能」が削減されていることもある。投資家は、こういった事情を自覚しなければならない。

|

« イラン選挙の開票結果に対する信頼性:カンボジアそして日本 | トップページ | 講演会『ASEAN諸国の最新経済情勢報告―メコン川流域国の経済情勢に注目』の開催 »

コメント

未公開株詐欺を繰り返し突如消えた
民間臍帯血バンク 株式会社 シービーシー
名称  株式会社シービーシー
本店  神奈川県横浜市港北区新横浜2-2-3 新横浜第1竹生ビル5F
シービーシーの取締役 伊東嘉彦は
「JAM]関係社「BENE」の前身
「株式会社 伊東嘉彦健康堂」の代表でもある。

http://blogs.yahoo.co.jp/vssaitaiketu

投稿: 2130 | 2015年6月20日 (土) 11時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イラン選挙の開票結果に対する信頼性:カンボジアそして日本 | トップページ | 講演会『ASEAN諸国の最新経済情勢報告―メコン川流域国の経済情勢に注目』の開催 »