« ベトナム人のカンボジアに対する歴史観:司馬遼太郎の指摘を検証する | トップページ | ラオス証券取引法(草案)の概要:楽しみなポートフォリオ投資の到来 »

2009年5月27日 (水)

ブログの方針を変更します:コメントを歓迎

 今日は、勤務先の流通科学大学で2回生を対象にしたゼミ(研究演習)の説明会があった。ここで、私の活動や考え方は本ブログを見てくださいと明言した。

 そこで今後、私のブログについてコメントを歓迎することに方針を変更します。ただし、私の責任と趣味でコメントを削除しますので、ご了承ください。こちらは積極的・建設的なコメントを期待していますが、そうでない場合は削除します。

 なぜ削除するかと言えば、私は自分の姓名・仕事・経歴まで明らかにしているのに、コメントの投稿者は匿名の場合が多いからです。これは明白に不公平です。匿名の人に対して「削除はけしからん」という権利はないと考えています。もちろん建設的なコメントと判断させていただける内容なら、匿名のコメントも歓迎です。

 コメントと返答を通して有意義な対話ができれば幸甚です。これは、学生に対してコミュニケーション能力の向上という教育効果があるようにも思われます。

 これまでも何人かの方々からは、本当に有益で貴重なコメントを私のメール宛に頂戴しております。そういった方々は、わざわざメールを送らなくても、コメント欄に自由に投稿していただければと思います。しかし名前を公開することになるのは困る方もおられますね。なかなかブログの運営は難しいです。

 「炎上」しないように以上のように頑張ってみます。 どうぞ今後とも、本ブログをよろしくお願い申し上げます。

|

« ベトナム人のカンボジアに対する歴史観:司馬遼太郎の指摘を検証する | トップページ | ラオス証券取引法(草案)の概要:楽しみなポートフォリオ投資の到来 »

コメント

先生のように第一線で活躍される方と直にコミュニケーションができて学べることは、学生の私にとってとても幸せに思います。精一杯勉強させていただきますので、これからもよろしくお願いします。

投稿: 金山 篤志 | 2009年5月28日 (木) 01時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベトナム人のカンボジアに対する歴史観:司馬遼太郎の指摘を検証する | トップページ | ラオス証券取引法(草案)の概要:楽しみなポートフォリオ投資の到来 »