« フランス政府の人材育成:ハノイで研究方法セミナー | トップページ | プノンペンのPHO 24:これがカンボジアの味か・・・ »

2009年3月 6日 (金)

カンボジアにやって来た

 4日にラオスからカンボジアに移動した。ラオスでは、メコン川に近いラオ・オーキッドホテルという比較的新しいホテルに宿泊したが、待ち合わせはラオプラザホテルを利用した。ラDsc02435 オプラザの何人かのスタッフは私の名前を覚えてくれている。こうなると値段は高くても次はラオプラザホテルに戻ろうと思ってしまう。

 また、ラオプラザから噴水公園に向かう途中の左側のフォーンパセス・ゲストハウスのマネージャーに偶然に会って、「オー、ミスター上田、学生は来てないのか」と聞かれたりする。学生に同行しての清掃ボランティア活動も今年で7回目である。学生は同じゲストハウスを利用しているから、毎度おなじみの固定客である。

 カンボジアでは、これまで決まったホテルがない。インターネットの円滑な使用が私の最低条件なのだが、適当なところが見つからなかった。今回のアーモンドホテルは、無線LANが円滑に使用できて問題ない。ラオスのラオ・オーキッドホテルも無線LANであるが、時間帯によって通信が弱い場合もあり、少し不自由があった。もちろんラオプラザホテルやプノンペンで昨年宿泊したインターコンティネンタルホテルのような5☆クラスなら問題ない。

 カンボジアでは、CJCC(カンボジア日本人材協力センター)を必ず訪問している。そのビジネスコース担当のイングレン氏が親友である。縫製企業の訪問先を紹介してもらったことがDsc02441 縁になっている。2003年のカンボジア初訪問時には、JETRO駐在員事務所の中根さんにお世話になった。また丸紅の松下さんにも親しくしていただいた。中根さんや松下さんがカンボジアでは恩師である。

 今回のカンボジア訪問は6回になる。最初は馴染みのない少し怖い都市であったが、今では普通である。しかし、ベトナムやラオスに比較して未だにピンと来ない国である。やはり長期滞在していないからだろうか。次回から、カンボジアの近況を報告してみよう。

 

|

« フランス政府の人材育成:ハノイで研究方法セミナー | トップページ | プノンペンのPHO 24:これがカンボジアの味か・・・ »