« 株価修正はいつになるのか? | トップページ | 「貯蓄から投資へ」と言いながら・・・ »

2008年11月20日 (木)

今日は何の日?

 11月20日は何の日か? 「ボージョーレ=ヌーボー」の発売日という人は、その通りであるが、ベトナムでは「先生の日」である。

 今年夏にホームステイを引き受けた貿易大学のベトナム人学生2名から、先生ありがとうというメールをもらった。こういう習慣は日本にないから、非常に嬉しかった。

 そう言えば、私の留学当時の1998年にも「先生の日」があった。ベトナム語の先生に「花束」と「寸志」をプレゼントしたことを思い出した。

 日本にも、こういった日を多数作ればよいのだ。いろいろなイベントで日本が活力できる。「敬老の日」・「母の日」・「父の日」に続いて、職業別の日を作る。「銀座ホステスさんの日」とか「タクシー運転手さんの日」があってもよい。麻生総理の謝罪発言の対象であった「医師の日」があってもよい。これらは、企業の社会貢献として提案されてもよい。

 たとえば毎月1日は「映画の日」として定着している。「ゲームセンターの日」があってもよいし、「ラーメンの日」も悪くない。また外国の日を設定する。たとえば「アメリカ合州国の日」や「ベトナムの日」である。全国の関係団体や留学生が各種のイベントを実施する。

 こういったイベントに伴って百貨店・スーパー・商店街・小売店が関連商品の販売促進活動をすればよい。景気の刺激になるであろう。

 

 

|

« 株価修正はいつになるのか? | トップページ | 「貯蓄から投資へ」と言いながら・・・ »