« メコン川流域国で内需拡大:CLMV首相会議の合意 | トップページ | 日越経済交流センターが『ベトナム経済法令集』を刊行 »

2008年11月11日 (火)

ベトナム・ドバイ・ヘッジファンド:「怖いもの見たさ」の注目セミナー締め切り迫る

 すでに紹介させていただいた通り、以下のセミナーが開催されます。このセミナーの開催計画時には予想もしなかった世界同時株安が発生し、世界恐慌の危機まで懸念される現状となっている。当然、その影響を受けて、ベトナム株式は新たな底値を探る展開となり、ドバイの株価も不動産も大幅に下落、世界の主要ヘッジファンドの損害も大きいと予想されている。

 この時期に、このセミナー開催は、まさに「怖いもの見たさ」の感覚になる。どれだけの損失があって、その見通しはどうか? もがけば、もがくほどにズブズブと身体が沈んでいく。底なし沼に吸い込まれるような恐怖と絶望のスリラー的・オカルト的な惨状が披瀝されるかもしれない。happy02確かに怖い・・・crying

 ただし、現在の日本株の場合もそうであるが、歴史的な暴落の後は、歴史的な「買い場」であることは間違いない。その時期はいつか? このように考えると、以下のセミナーは、最悪の時期ではなく、絶好の時期でのセミナー開催である。

 多数の投資家の皆さんは、守勢一方であろう。それでよいのだが、その間には情報収集し、次の攻勢の時期を待つ。その勉強のために多数の皆さまの参加をご案内申し上げます。

 私は、ベトナム株式の直近の動向と、カンボジア・ラオスの株式市場の開設準備の状況、さらに注目される有望なIPO株式について紹介します。このセミナーは有料ですから、このブログには絶対に出て来ない耳より情報をお教えします。lovely情報はタダではない!!happy01

 なお、以前にお知らせした会場が変更になっています。ご注意ください。詳細は、次のウェブサイト、または下記をご覧下さい。http://www.aru-aru43.com/formmail/oosaka.html

happy01混迷の世界金融市場:誰も注目しない投資手段だからこそ勝てる!happy01

第1部 「成長期のベトナム株式市場:次に注目のラオス・カンボジア市場」流通科学大学・教授・上田義朗氏

第2部 「湾岸諸国とイスラム金融の成長性:国際金融センター「ドバイ」とともに成長を続ける世界規模の金融市場」株式会社・ザ=スリービー代表取締役・石田和靖氏

第3部 「世界経済の分析とリセッション(景気後退)局面における投資戦略:ヘッジファンド」(株)ベネフィック=アセット=マネジメント・CEO・杉友耕治氏

日 時:2008年11月15日(土)13:00~16:30(会場12:00)
会 場:TKP大阪本町ビジネスセンター ホール7A 7階
〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町2-3-4 アソルティ本町、TEL 06-4706-6937)
参加費:2000円
定 員:200名
申込締切日:11月13日
主 催:大阪金融仲介業者連合(代表幹事:ユニバーサル=コンシェルジェ株式会社)
総合企画:時事分析セミナー実行委員会
事務局:クロスゲート株式会社
協 賛:トレーダーズ証券株式会社、日越経済交流センター

 お申し込みは、日越経済交流センターinfo@j-veec.jpまたは、直接会場でお名刺をお渡し下さい。また上記のウェブサイトから登録をお願いいたします。

|

« メコン川流域国で内需拡大:CLMV首相会議の合意 | トップページ | 日越経済交流センターが『ベトナム経済法令集』を刊行 »