« 証券経済学会・第70回全国大会の開催(2):奥村宏先生の報告について | トップページ | 世界同時株価暴落:株式市場の原点回帰の好機・・・ »

2008年10月 7日 (火)

ラオス人留学生のこと

 ラオス人留学生と話す機会があった。来春には帰国するそうである。いろいろ雑談をして楽しかった。

 ラオスの大卒賃金は300ドル程度に上昇。国営銀行の部長クラスになると、1,000ドル程度になる。こういった調査は最近していないので参考になった。

 途上国での情報は常時バージョンアップしなければならない。このことを痛感した。今年8月には、ラオスの1人あたりGDPは800ドルを超えたと言われていた。昨年にカンボジアを抜いたが、この調子の急成長であれば、ベトナムを追い抜く日も近い。

 もちろん「ラオスは人口が少ないから・・・」という背景はあるが、この数字には注目しなければならない。それに伴って生活水準や賃金の上昇が見込まれるからである。

 ラオスの証券市場の開設準備は進んでいる。いよいよ「癒しの国」ラオスの経済も起動である。

|

« 証券経済学会・第70回全国大会の開催(2):奥村宏先生の報告について | トップページ | 世界同時株価暴落:株式市場の原点回帰の好機・・・ »