« ラオス報告(3):サワナケットからムクダハンを走る | トップページ | 中断を中断:ベトナム代表団の来日とリーマンの経営破綻 »

2008年9月13日 (土)

博多から近況報告やで:大阪弁やで

 前のブログのラオス報告からホーチミン市で2泊したやろ、そんで9月9日に帰国したで。その日に大学で仕事があって、次の日は教授会や。そらそうや。大学の仕事に間に合うように帰ってきたんやから・・・。

 今日(9月13日(土))のテレビのニュースを見とったら、自民党の総裁選挙の候補者が大阪来たから言うて、みんな大阪弁、使ことったワ。ほんなら久しぶりに、ワテも大阪弁、使こたろやないかというワケや。

 今、福岡に来とんねんで。福岡大学で「第15回アジア経営学会全国大会」があるねん。来週は、ベトナム国会議員団の来日があって、レセプションやセミナーに2日続けて出席しまんねん。これも仕事や。それが済んだら、もう講義の始まりや。

 こんなんしとったら、原稿、書かれへんのやけど、自業自得や・・・。愚痴や文句、言うたらアカンな、バチ当たるな。それが仕事やから・・・。今度の本はな、1冊は、ラオスとカンボジアのビジネス入門書、もう1冊は、アジアの企業経営の教科書の中でのベトナムの部分、ほんで、もう1冊は、経営学入門の教科書の中の企業論の部分を書かなあかんねん。こら、大変やで。頭の中では、もうできとんねんけど、書き出したら、いろいろ考えるワケや。

 こんなワケで、もう少しブログは休載や。書くことに集中するワ。10月から再会できるように頑張るワ。実を言うとな、今回の外国出張で、ゴッツウ嬉しいことがあってん。シンガポールとラオスでワテのブログの日本人の読者にホンマに偶然に、おう(会う)てんねん。有り難い話やで。頑張るしかないで・・・。こんなふうに思わんかったら、ワテはワテという人間ヤメや。はよ(早く)書いてしもて、すっきりしたいワ。そら編集者や出版社も同じ気持ちやろな。原稿、遅れて、ごめんな、ゴメンナ、ごめんな。このセリフは間寛平さんやったかな・・・。

 しばらく休みやから、ちょっと多めに今日は書くで。ベトナムの経済は問題なしや。元気一杯の感じや。ワテの知っとる民間企業でも、谷茂みたいに「あー忙し、あー忙し」言うて働いとる。国会議員団も上に書いたみたいに、堂々と日本に来はる。また別件で、日越経済交流センターが引き受けんねんけど、ベトナム商工会議所の会員企業の36名が東京と大阪に研修に来んねんデ。経済危機や通貨危機や言うてたけど、ホンマに危機やったら、こんなことアラヘンと思うで。

 ベトナム株式市場も上向きや。15%の高金利でも株価上昇や。これには、ホンマに強い買いの動きを感じるワ。でも注意せなあかんのは、これから下半期の企業業績の発表や。インフレやその抑制策の影響が、必ず企業業績には、マイナス要因になるはずや。そやけど、そうでない企業もあるはずや。コスト上昇を経営効率化で吸収できた企業やな。こんな企業はエエで。それがハッキリ見えてくるエエ時期と考えたらエエんちゃうやろか。ベトナム株式は、確かな選択の時代に入ったということや。今から年末が、絶好の買いの時期や。ホンマに頼んまっせ。日本の投資家のみなはん・・・。そうせな、みんな、韓国や中国やアメリカにエエトコ、取られてしまうで・・・。ほな、サイナラ。

|

« ラオス報告(3):サワナケットからムクダハンを走る | トップページ | 中断を中断:ベトナム代表団の来日とリーマンの経営破綻 »