« ベトナムにおける「インフレ戦争」勝利に向けて:中国からの教訓 | トップページ | ロータス投資運用会社提供「ベトナム経済ニュース(20)」:最近の金融事情 »

2008年6月13日 (金)

ホット一息、ベトナム初のヌード写真集の発刊:ハノイの新妻さんから

 最近、ベトナムに関して硬い話題が続いている。「ベトナム金融危機」と言われると、無視するわけにはいかない。ベトナムの「ドン安」が続いており、最近は市場レートで1ドル=1万8500ドン程度になっている。6月時点で1万6500ドン程度であったから、約15%の「ドン安」である。

 この主要な理由は、外国人が資金を引き揚げているのではなく、国内の投機的なドル保有や、政府による外貨準備の拡充の動きがあるためではないかと私は思う。外国人の国外へのドル持ち出しは厳しく管理されている。

 そんな中で、ハノイ在住の新妻東一さん(三進交易株式会社ハノイ駐在所長、日本ベトナム友好協会全国理事)からメールが届いた。http://toichi.niizuma.net/ ホット一息できる話題だ。

 外国人である私が、あれやこれやと外国で議論しても、ベトナムでは日々の生活が、いろいろ問題はあるにせよ営まれている。これは日本でも同じだ。当たり前のことだが、それを新妻さんは再認識させて下さった。

 新妻さんのHPでは「メディア評」が掲載されているのだが、今回は、heart04ベトナム初の芸術ヌード写真集heart04、写真家Thai Phien(タイ・フィエン)氏のheart01"Xuan Thi(Springtime)"heart01が取り上げられている。http://www.geocities.jp/tniizuma/mediarev.html

 ベトナムにヌード写真集があっても不思議でない。そういう時代になった。その写真集(インターネット上で公開)を一見して、これは注目されるだろうと直感した。セクシーとかエロティックというよりも綺麗なヌードである。ベトナムの「篠山紀信」?が広く日本でも紹介されることが望まれる。ベトナム人の間でも話題になっており、女性にも好評だそうだ。

 タイトルだけを読めば、ハノイの新妻(結婚早々の若奥さん)がヌードになったような誤解があるかもしれないが、そうではない。いつも新しい情報を頂戴する新妻さんのご健勝をお祈りしたい。 

|

« ベトナムにおける「インフレ戦争」勝利に向けて:中国からの教訓 | トップページ | ロータス投資運用会社提供「ベトナム経済ニュース(20)」:最近の金融事情 »