« 「大学洋上セミナーひょうご2008」:ご協力のお願い | トップページ | 今こそ買いのベトナム株式:この好機を逃すな! »

2008年5月20日 (火)

「大学洋上セミナーひょうご2008」の打ち合わせ会

 今日の午後は、(財)兵庫県国際交流協会で昨日紹介した「大学洋上セミナーひょうご2008」の講師の打ち合わせ会があった。

 さらに今日は、人生の半分以上を過ぎた私の誕生日である。この日は多くを語らずに終わりにしようと思ったが、少し以下で追記する。

 先週に中国の四川大地震の募金に協力した。流通科学大学の中国人留学生が各研究室を回って、募金を集めている。これに応じた。「対面募金」の効果は大きい。

 他方、これまでにミャンマーを私は2回訪問した。最初は1998年。日本商工会議所の投資視察団の皆さんとベトナムから合流し、三井物産が開発したミンガラドン工業団地を見学した。また同じく笹川平和財団の支援で2001年にヤンゴン大学経営大学院の学生に講義したこともある。先日の台風の被害で彼らは、どうしているのだろうか? ミャンマー情勢について以前から気になっていたのだが、今回の台風被害で改めて思い出される。

 中国・ミャンマー(ビルマ)ともに犠牲者のご冥福をお祈りしたい。ひとりの人間にできることには限りがあるが、いろいろな場面での奉仕ができればと思う。We Serve.これは、国際ライオンズクラブ設立の理念でもある。

|

« 「大学洋上セミナーひょうご2008」:ご協力のお願い | トップページ | 今こそ買いのベトナム株式:この好機を逃すな! »