« 今こそ買いのベトナム株式:この好機を逃すな! | トップページ | NHK衛星第一放送:アジアンスマイル「希望の歌声よ響け~ベトナム・ハノイ~」 »

2008年5月22日 (木)

映画『花はどこへいった』坂田雅子初監督作品:試写会チケットを進呈します

 日本ベトナム経済交流センターの顧問をされている旅行ジャーナリストの大野尚子さんから、上記の映画の案内を頂戴した。

 ベトナム戦争で使用された枯葉剤(ダイオキシンが主成分)が、米軍兵士であったフォトジャーナリストである夫の命を奪った。その真実を探るために妻である坂田雅子監督が、ベトナムを訪問する。こういった内容のドキュメンタリー映画である。

 この映画のタイトルは、私が中学生時代のピーター・ポール&マリーのヒット曲と同じである。また何度も口ずさんだ「戦争を知らない子ども達」のザ・フォーク・クルセイダーズも、この曲を歌っている。http://www.youtube.com/watch?v=KqrI0igP6oI なお、この「戦争を知らない子ども達」は私が中学生の時、文化祭の舞台上で歌った。1970年前後、フォークソングの全盛期であった。懐かしい・・・。 

 この「花はどこへ行った」はベトナム反戦運動を背景にして歌われたが、イラク戦争に深くかかわるアメリカの現在の心情を表現しているようにも思われる。この意味で、この映画、アメリカで次は公開されるべきなのかもしれない。そして今でも枯れ葉剤の加害責任を認めていないアメリカに対する世論を喚起することが期待される。

 大阪では、5月29日(木)14:00~、6月2日(月)16:00~:松竹試写室
 東京では、6月14日(土)~7月4日(金):岩波ホール

 私は大阪での両日ともに講義と仕事があるので行けないのだが、大阪のチケットは10枚頂戴している。冒頭のセンター(http://j-veec.jp/)宛にご連絡をしていただくと、先着順でチケットを郵送いたします。

 一般公開は、7月上旬から第七藝術劇場にてロードショー。順次、京都シネマ神戸アートビレッジセンターにて公開予定。

|

« 今こそ買いのベトナム株式:この好機を逃すな! | トップページ | NHK衛星第一放送:アジアンスマイル「希望の歌声よ響け~ベトナム・ハノイ~」 »