« カンボジア金融制度:発展のロードマップ(下) | トップページ | ベトナム株式投資のトラブル(問題編) »

2008年4月24日 (木)

ブレインワークス編著『ベトナム成長企業50社:ハノイ版』カナリア書房

 表題の新著が出版された。とりあえず以下も参照してほしい。

Book ベトナム成長企業50社―ハノイ版

販売元:カナリア書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 そのキャッチコピーは次のとおりである。「ベトナム投資に必読の1冊。発展目覚ましいベトナム・ハノイの成長企業が終結! 世界が注目するベトナム経済の成長。その原動力である急成長企業をレポート!」。

 「広告・メディア・IT・製造・建設・不動産・金融・商社・人材サービス・コンサルティングなどなど。個性的な成長企業を一挙紹介!」

 「第1部 ベトナムに魅せられて」には私の拙稿「変貌するベトナムの首都ハノイ:将来の大企業・優良企業の「原石」に注目したい」が収録されている。私自身の校正時間がなかったために、いくつかの部分に気にくわない文書表現もあるが、私の主張は十分に伝わっていると思う。

 また、ITの「サラ・ベトナム」(pp.70-73)のフン社長は、私の親しい友人であるし、製造の「ハー・タイン・ビン・インダストリーズ」(pp.94-97)のビン社長は、JICAがPREXに委託した日本研修で本年3月に来日し、拙宅にも来ていただいた間柄である。

 同書と同じ表題の「ホーチミン版」も出版されているので、併せて購読を勧めたい。ベトナム企業の本格的な紹介は貴重である。

ベトナム成長企業50社 ホーチミン版 Book ベトナム成長企業50社 ホーチミン版

販売元:カナリア書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« カンボジア金融制度:発展のロードマップ(下) | トップページ | ベトナム株式投資のトラブル(問題編) »