« カンボジア金融制度:発展のロードマップ(中) | トップページ | ブレインワークス編著『ベトナム成長企業50社:ハノイ版』カナリア書房 »

2008年4月23日 (水)

カンボジア金融制度:発展のロードマップ(下)

 さて資本市場の発展についてカンボジア政府のロードマップは次の通りである(アジア開発銀行、前掲書、p.xii)。

 資本市場の発展計画は、10年に渡る3段階の発展目的から構成されている。
 第1段階では、資本市場が実現するための環境を作り出すことが期待される。
 第2段階では、資本市場の基礎を作り上げることが予想される。そのために詳細な規則と手順を適用すると同時に証券取引に関連した必要なインフラストラクチュアーを発展させる。
 第3段階では、準備的な作業が達成された後に政府が、資本市場を発展させる系統的な努力を継続するであろう。

 金融市場のインフラストラクチュアーには、(1)法的インフラ、(2)会計監査制度、(3)金融情報インフラ、(4)金融部門のセイフティネットが必要である。

 これらの計画実施の成功は、政府による強力な指導力・確固とした約束・驚異的な努力に依存している。特に経済財務省・商業省・カンボジア国立銀行である。また民間部門の支持と国際支援機関によるタイムリーな援助が求められる。民間部門と国際機関の積極的な参加は、計画実施が成功するための知識投入源として不可欠である。

 以下、続く。

|

« カンボジア金融制度:発展のロードマップ(中) | トップページ | ブレインワークス編著『ベトナム成長企業50社:ハノイ版』カナリア書房 »