« 今こそベトナム企業はライバルに差をつけろ!:エクイティ=ファイナンスの勧め | トップページ | 剣客商売と学者商売 »

2008年4月 5日 (土)

伊香保温泉の旅

 群馬県の伊香保温泉に3日から1泊の旅をした。東京・恵比寿に本社があるニュース証券http://www.news-sec.co.jp/)西川社長からの依頼で、渋川市・伊香保温泉にお住まいの小笠原さんや黒岩さんを始めとする企業経営者の方々にベトナムの様子をお話しするためである。

 4日の午後は、東京・お茶の水(財)日本経済研究所でベトナムの株式市場について講演した。(財)日本経済研究所は、今月から日越経済交流センターの会員になっていただいた。ベトナム・ラオス・カンボジアの地域経済について優秀な研究員を擁する同研究所と当センターの交流と協力が深まることが期待される。

 東京から上越新幹線で高崎まで50分。JR上越線に乗り換えて渋川駅まで25分。さらに080404_11070001 バスかタクシーで20分~30分で伊香保温泉である。泉質は鉄分を含んでおり、お湯は鉄分で茶褐色に変色している。宿泊したホテル木暮は、掛け流しの豊富な湯量が自慢である。

 渋川駅からは赤城山を眺めることができる(写真参照)。ここは「上州」。「木枯らし紋次郎」や国定忠治の世界だ。福田総理は高崎市が地元である。お招きをいただいたおかげで、穏やかな春の日をゆっくり過ごすことができた。ベトナムとの関係が地方都市から発展することを期待したい。

 なおニュース証券では、ベトナム株式の直接売買を始めている。これは日本初である。すでにベトナム株式担当者のグエン=ヴィエット=ハーさんが採用されている。この伊香保温泉でお目にかかったが、神戸大学経営学部の出身。私の後輩である。さらに私の勤務先の流通科学大学で私が主催したベトナムセミナーにも参加されたそうだ。私は忘れていたが、ハーさんはよく覚えてくれていた。タオさんやニュンさんなど共通の知人・友人がいる。タオさんとは3月末にハノイで会ったばかりである。

 「地球は丸い」「世界は狭い」。ベトナムの仕事をしていて、次々に嬉しい出逢いがある。ベトナムに感謝である。

 

 

|

« 今こそベトナム企業はライバルに差をつけろ!:エクイティ=ファイナンスの勧め | トップページ | 剣客商売と学者商売 »