« 朝からの仕事 | トップページ | 写真で紹介するベトナム:その2 »

2008年3月30日 (日)

写真で紹介するベトナム

 ベトナムDsc00861のニャチャンでは今年、「ミスユニバース2008」が開催される。大きな看板で宣伝しているし、雑誌で主催者は公式スポンサーを募集している。
 ニャチャンで私が宿泊したVINPEARLホテルでは、すでに「ミスベトナム」のコンテストを開催したことがある。こういった経験を蓄積して、その教訓に基づいてより大きな国際イベント開催する。ベトナムらしい成長=拡大のための手法であると思われる。

 ドンズーDsc01013日本語学校の学生交流は盛り上がった。写真は、同校での風景である。ドンズーの校歌を聞かせてもらったが、まるで軍歌のようなリズム感があり、勇気と元気が出てくる。校舎の屋上での交流会。屋根はブリキ板。その暑さには参った。「汗びっしょり」の状態になる。あえて冷房を入れていないと伊藤先生は言われていた。かつての日本の厳しい教育がホエ校長先生を通してベトナムに移転された。

Dsc00900  VINPEARLホテルのオーシャンビューの部屋からの風景である。プライベートビーチ。椰子の木。何カ所ものプール。資生堂のスパ。マリンスポーツ。まさにリゾートである。ベトナム人資本で建設され、マレーシア人のマネージャー。ベトナム人の中には驚くべき金持ちがいる。このホテルにも、ベトナム人は多数宿泊している。

Dsc00968
 ホーチミン市の統一記念館からの風景。次第に高層ビルが増えている。建築ブームである。数10億円程度の不動産開発はベトナム人でもする。外国投資なら100億円は欲しい。ホーチミン市の私の友人の指摘である。恐るべし、ベトナム。

 明日も、写真をいくつか紹介しよう。

|

« 朝からの仕事 | トップページ | 写真で紹介するベトナム:その2 »