« 今日はハノイに出発 | トップページ | ハノイの点描:いろいろ »

2008年1月26日 (土)

ホーチミンからハノイに:タンソンニャット国際空港

 昨日、ホーチミン経由でハノイに着いた。ホーチミン市のタンソンニャット空港の国際線ターミナルは昨年8月に日本のODAで竣工。そこから私は出国したことがあるが、入国は今回が初めてだった。

 これまでの国際線ターミナルが全面的に国内線に変更され、広々とした空間となった。ただし国際線から国内線への移動はメンドウだ。荷物は別途に運んでくれるので問題ないが、かなりの距離を歩かされた。ただし考えてみれば、こういった移動にバスを利用する空港(たしか韓国のインチョン空港など)もあったように思うもあるのだから、少しの徒歩は許容範囲かもしれない。そうは言っても、暑い中の徒歩は、やや困惑する。

 ホーチミンの新空港の建設予定があると聞くが、おそらく国内線と国際線の連携に考慮した体系的な設計になるのだと思う。現在のタンソンニャット空港では、国際線ターミナルを付け足したという印象が強い。

 日本のODAで建設されたと言っても、円借款であるから、ベトナムは建設費用を返却しなければならない。せっかく新しい国際線ターミナルが完成したのに、それが終わりではなく、さらに新しい空港が計画される。その成長力がベトナムらしい。

 空港から何人かの人々に連絡して、今後の調査の段取りを付ける。暑いホーチミン市から寒いハノイへ。

|

« 今日はハノイに出発 | トップページ | ハノイの点描:いろいろ »