« 多忙のハノイで最も印象的なこと | トップページ | ベトナム国営企業と民間企業の未公開株:どちらが儲かるか? »

2008年1月30日 (水)

ベトナム人高額所得者をどのように理解するか?

 サイゴン証券ではテト前のボーナスが15ヶ月分支給されたそうである。

 ビナ=キャピタルで働いている30歳代のベトナム人大卒女性は、ANZ銀行(オーストラリア=ニュージーランド銀行)では月5,000ドルの給与だったが、ビナキャピタルに転職してから月7,000ドルになった。しかし、それでも不足と言っている。

 このような高額賃金は、どのような影響があるのか? また、金融証券業が一般産業よりも給与が高いのはなぜか? これらはベトナム人からの素朴な疑問である。それに応えることは今回のベトナム訪問からの課題である。

 「マネーゲーム」が永久に継続するはずがない。その深淵をベトナム人は未だ経験していない。

|

« 多忙のハノイで最も印象的なこと | トップページ | ベトナム国営企業と民間企業の未公開株:どちらが儲かるか? »