« BRICsの次はベトナムで決まり! | トップページ | ロータス投資運用会社提供「ベトナム経済ニュース(37)」:ベトナム証券法施行細則(第21~22条) »

2008年1月13日 (日)

ロータス投資運用会社提供「ベトナム経済ニュース(36)」:ベトナム証券法施行細則(第18~20条)

第四章  証券会社・ファンド管理会社

第18条 証券会社・ファンド管理会社の資本金に関する規則

 1 証券会社の経営業務、外国投資資本を含む証券会社、在ベトナム外国証券会社支店の法定資本金は:      
 a) 証券の仲介:250億ベトナムドン
 b) 証券の自営:1,000億ベトナムドン
 c) 証券発行保証:1,650億ベトナムドン
 d) 証券投資コンサルタント:100億ベトナムドン

 2 組織体が複数の経営業務許可書を取得する場合、法定資本金は許可書を申請した各業務に相当する総資本である。

 3 ファンド管理会社、外国資本を含むファンド管理会社、ベトナムにおける外国ファンド管理会社の法定資本額は最低250億ベトナムドンである。管理委託されている資本の規模に応じてファンド管理会社の法定資本金額を財務省が具体的に定める。

 4 証券会社、ファンド管理会社、外国証券会社支店、ベトナムにおける外国ファンド管理会社を設立するための出資資本金はベトナムドンもしくは自由外貨でなければならない。資本を出資する各組織体・個人は合法的な出資源を証明し、独立会計機関の証明を受けなければならない。

 5 ベトナムにおける外国投資資本を含む証券会社・ファンド管理会社の外国人所有比率は法律の定めるところにより行われる。

 6 証券会社1社における株式資本あるいは議決権付き出資資本の10%以上を所有する組織体・個人とそれに関連する組織体・個人は、他の証券会社の株券あるいは議決権付き株券を5%以上所有してはならない。

 7 ファンド管理会社1社における株式資本あるいは議決権付き出資資本の10%以上を所有する組織体・個人とそれに関連する組織体・個人は、他のファンド管理会社の株券あるいは議決権付き株券を5%以上所有してはならない。

第19条 ベトナムにおいて外国投資資本を含む証券会社・ファンド管理会社に対する設立許可書と活動許可書の書類・手続き

 1 書類は下記を含む:
 a) 証券法63条において定められる資料;
 b) 合弁証券会社、合弁ファンド設立の場合は合弁契約書あるいは外国資本を含む証券会社・ファンド管理会社設立の場合は資本出資の誓約書;
 c) 外国側が法人である場合、書類は下記の資料を追加する:定款、設立あるいは活動許可書あるいは経営登録証明書あるいは法人に相当する外国側が発行した法規文章の適切な写し;証券会社・証券投資管理会社の設立出資資本、外国法人の権限ある階層のベトナムにおける設立決定書;

 2 社長あるいは総裁、設立株主あるいは設立メンバーが外国の組織・個人である場合は証券法第63条第4・5・6・7項、本条第1項bとcにおいて定める書類を2部作成し、1部は英語、もう1部はベトナム語であること。英語の書類は領事の適法の認証を受けなければならない。ベトナム語の写しと英語からベトナム語に翻訳された書類は、ベトナム公証機関あるいはベトナムにおいて合法的に翻訳活動している法律事務所による確認を受けなければならない。

 3 設立および活動許可書の発行期限は証券法第65条の定めるところによって行われる。

第20条 ベトナムにおける外国証券会社支店・ファンド管理会社に対する設立・許可書類・手続き
   
 1 書類は下記を含む:      
 a) 証券法第63条において定められる資料      
 b) 定款、設立あるいは活動許可書あるいは経営登録証明書あるいは外国側が発行した外国証券経営組織の経営登録証明書;ベトナムにおける支店設立許可書と外国証券経営組織の権限ある階層による資本移行の決定書。   

 2 本条第1項で定められる書類は2部作成し、1部は英語、もう1部はベトナム語でなければならない。英語の書類は領事の適法の認証を受けなければならない。ベトナム語の写し、英語からベトナム語に翻訳された書類はベトナム公証機関あるいはベトナムにおいて合法的に翻訳活動している法律事務所による確認を受けなければならない。

 3 設立・活動許可書の発行期限は証券法第65条の定めるところによって行われる。

|

« BRICsの次はベトナムで決まり! | トップページ | ロータス投資運用会社提供「ベトナム経済ニュース(37)」:ベトナム証券法施行細則(第21~22条) »