« 兵庫県・竹野町と城崎温泉 | トップページ | ロータス投資運用会社提供「ベトナム経済ニュース(29)」:ベトナム証券法施行細則(第3~4条) »

2007年12月30日 (日)

ロータス投資運用会社提供「ベトナム経済ニュース(28)」:ベトナム証券法施行細則(第1~2条)

 ロータス証券投資ファンド運用管理会社が提供する「ベトナム証券法の施行細則」の邦訳を何回かに分けて紹介する。全体で6章・31条から構成されており、証券法と双対になっている。なお証券法は、すでに日越経済交流センター(http://www.j-veec.jp/)が紹介している。

 ベトナム社会主義共和国 独立・自由・幸福 
番号:14/2007/ND-CP     ハノイ・2007年1月19日

議定 証券法における一部条項の施行細則規定      

政府は 2001年12月25日・政府組織法に基づき、2006年6月29日・証券法に基づき、財務省大臣の定義により議定する

第一章  一般規定       

第1条 調整の範囲
この議定は証券の公募、証券の上場、証券会社、ファンド管理会社および証券投資会社に関する証券法の一部条項を施行する細則を規定する。

第2条 用語解釈
 1 証券を所有する代表者とは、証券預託センターの会員であり、債券の保有を委託され、証券所有者の権利を代表する。      
 2 原処国とは、外国法人が設立された国家あるいは領土である。
 3 ファンドの純資産価値とは、ファンドの各資産総額からファンドの負債総額を引いたものである。
 4 投資管理契約とは、国内外の証券投資会社あるいは組織・個人とファンド管理会社、自己の財産投資管理をファンド管理会社に委託した契約である。

|

« 兵庫県・竹野町と城崎温泉 | トップページ | ロータス投資運用会社提供「ベトナム経済ニュース(29)」:ベトナム証券法施行細則(第3~4条) »