« ベトナム株式市場における投資信託:「命から2番目に大事なお金」を誰に任せるか? | トップページ | 神戸と東京で仕事:ベトナムを巡る人々 »

2007年12月 5日 (水)

ロータス投資運用会社提供「ベトナム経済ニュース(25)」:Phu Thanh社の戦略的パートナーとなる

 現在、店頭株式(OTC)市場で売買されているPhu Thanh(フータイン)社が、11月末に第3者割当増資し、ロータス証券投資ファンド運用管理会社(LotusIMC)は10%の株式を取得した。

 ベトナム国家証券委員会から認可を取得してから1年、ロータス社は初めて戦略的パートナーとして取締役を派遣することとなった。戦略的パートナーとは、安定株主として投資先の企業成長を支援する株主のことである。その一環として、戦略的パートナーは投資先に取締役を派遣することがある。ロータス社は、同社の投資諮問委員会を代表して私を取締役に推薦しており、それをPhu Thanh社も歓迎している。

 Phu Thanh社は、電子告知板・木目鋼製ドアーの製造についてベトナムの先発会社であり、同社の主力商品である電子告知板は現在、取引銀行の90%、証券会社の100%の市場占有率を示している。この電子告知板は、連続2年間「ベトナムイエロースター」賞を獲得した。

 もう一つの有力商品である木目鋼製ドアーに関して現在は、市場の需要を確認する段階に留まり、大量生産は顧客の需要や消費水準を確認してから実施することになる。

 Phu Thanhの設立者Ho Hoang Hai社長は、ベトナム北部の移動屋根の商品やベトナムにおけるデジタル写真の先駆者であり、わずか31歳。ハノイ若手企業家協会のメンバーである。

 今年の電子告知板の売上高は400億VND、税引き後の利益は45億VND、新しい定款資本金の10%に達すると予測されている。さらに同社は、Khanh Phat社(定款資本金220億VND)に対して、賃貸オフィスビル建設のために10%を出資している。

 Phu Thanhの製品は高品質・高性能であるために、ベトナム人にとって既に聞き慣れた商標である。今日までに獲得された成果に満足せずに、新規の需要を作り出し、また顧客のニーズを満たすために常に研究開発を継続している。このような同社の革新性と強い商標(ブランド力)は競争相手の意欲を減退させるほどである。

 以上は、ロータス社から私に届いたPhu Thanh社の概要である。投資ファンドとして投資先の経営者にインタビューし、その能力を判断する。投資決定後は、その株式上場を支援する。投資ファンドの投資家は、その株価上昇の利益を獲得できる。ベトナム経済成長を支援する投資運用会社であるロータス社が、いよいよ始動である。

|

« ベトナム株式市場における投資信託:「命から2番目に大事なお金」を誰に任せるか? | トップページ | 神戸と東京で仕事:ベトナムを巡る人々 »