« ロータス投資運用会社提供「ベトナム経済ニュース(24)」:注目されるベトナム上場株(3) | トップページ | ロータス投資運用会社提供「ベトナム経済ニュース(25)」:注目されるベトナム上場株(4) »

2007年11月29日 (木)

日本ベトナム経済交流センターがチェット国家主席(大統領)から表彰される

 11月29日、ベトナム初の国賓として来日中のチェット大統領は東京から大阪に移動した。東京では福田総理大臣と会談し、EPA(経済連携協定)の早期締結で合意した。また福田総理大臣からは、日本のODAによって建設中のカントー橋の崩落事故について謝罪表明があった。

Photo04_13  大阪のニューオオタニ=ホテルのロイアルスイート=ルームに滞在中のチェット大統領を、日越経済交流センター理事長代行・事務局長の織田公文が訪問した。

 これまでの友好親善の活動に対するベトナム政府からの感謝をの気持ちが記された表彰状を受け取るためである。この表彰の対象は、Photo01_10 日越経済交流センターと同センター会長の人見美喜男氏である。参照:http://www.j-veec.jp/index.htm

 上図の左端は、ビン外務次官(次期の駐日本ベトナム大使)である。下図の左から、織田理事長代行兼事務局長、中央にチェット国家主席、右端はベトナム大使館のソン書記官。

 すでに人見美喜男会長は、ホーチミン市名誉市民賞を受賞しているが、今回は日越経済交流センターが団体として表彰を受けた。同センターの副理事長として名誉であるし、また感激である。ベトナムに対して今後、さらなる経済交流の促進に貢献できればと思っている。

|

« ロータス投資運用会社提供「ベトナム経済ニュース(24)」:注目されるベトナム上場株(3) | トップページ | ロータス投資運用会社提供「ベトナム経済ニュース(25)」:注目されるベトナム上場株(4) »