« 大学教授の資質:「学問研究の成果に値しない」とは? | トップページ | なんぼやねん?:ホーチミン市で駐在員事務所を設立する »

2007年11月 5日 (月)

メガネが就職の決め手になるか?

 なかなか就職先が決まらない大学4年生がいる。私が非常勤講師を引き受けている某大学の受講生の男子学生である。いろいろ話してみると、けっして能力も性格も悪くない。でも、この時期になって未だ就職が決まらない。

 教師の特性として、何か助言をしてあげたいと考える。その結論は、第一印象が悪い。その主要な理由はメガネだと思った。

 いわゆるカジュアルなファッション指向の強いメガネなのだ。どう見ても、ビジネス用のメガネではない。その第一印象が、かなり採用決定に悪影響を及ぼしているとみなされた。

 この指摘は私見であるから、家族や友人にも自分の印象を質問してみなさいと助言した。人間に対する印象は人によって様々だから、いろいろな人に自分の印象を質問してみればよい。そこでの共通した意見は、だいたい当たっていると考えられる。

 本人も、第一印象が大事であることは知っていて、真面目な学生であるから、私の意見を真剣に聞いてくれた。彼の新たな就職戦略の成功を祈りたい。

|

« 大学教授の資質:「学問研究の成果に値しない」とは? | トップページ | なんぼやねん?:ホーチミン市で駐在員事務所を設立する »