« ホーチミン市『投資ガイドブック』から(5):間接投資と外国人の所有制限 | トップページ | ホーチミン市『投資ガイドブック』から(7):投資許可の審査 »

2007年10月30日 (火)

ホーチミン市『投資ガイドブック』から(6):投資証明書の取得

 外国企業を設立するためには、投資プロジェクトに関する投資手続きが必要である。すなわちベトナムに投資する外国人投資家は、投資証明書と経営登録証明書を取得しなければならない。

 投資証明書は、すでに紹介したように(1)投資プロジェクトの種類、(2)投資禁止プロジェクト、(3)条件付き投資プロジェクトに従って発行される。

 投資証明書は、50年以内の期限があり、それを70年まで期限延長する場合は政府の許可が必要である。投資証明書は、外国人投資家がベトナムに対して実施可能な投資分野・投資金額・場所・土地使用面積・関連インセンティブ(もしあれば)などの事項を表記する。さらに投資証明書には、投資プロジェクトに関する将来の発展計画書の添付が必要である。

 投資証明書の手続きは、法的に正式に申請を受け付けた日から勤務15日間以内(投資登録規程の場合)、あるいは30日間以内(投資査定規定の場合)に発行される。

 登録規程は、条件付投資分野リストに該当しない投資プロジェクトと3,000億ドン以上の外国投資プロジェクトに対して適用される。その審査規程は下記の2通りである。

 (1)資本金3,000億ドン以上の外国投資プロジェクトに対する審査内容は、インフラ計画、土地使用計画、原材料と天然資源などの一般的計画との適合性、さらに土地使用の要望、プロジェクトの進行スケジュール、環境対策について検討される。

 (2)3,000億ドン未満の条件付き投資分野リストに該当する外国投資プロジェクトに対する審査内容は、それぞれ分野の条件の適合性について検討される。3,000億ドン以上の案件であれば、上記(1)の要素が検討される。(以下、続く)

|

« ホーチミン市『投資ガイドブック』から(5):間接投資と外国人の所有制限 | トップページ | ホーチミン市『投資ガイドブック』から(7):投資許可の審査 »