« ハノイの仕事 | トップページ | ハノイの仕事:調子は上昇 »

2007年8月16日 (木)

緊急報道:「マネーベトナム=ドットコム」でロータス社が紹介される

 昨年末(12月18日)に「マネーベトナムドットコム」(http://www.moneyvietnam.com/
というサイトが立ち上がっている。私見では、ベトナム株式の動向について簡潔に理解できる。独自の取材記事があり、情報に信頼性がある。

 ベトナムに関する日本語の情報は多くなったが、その記事の多くは現地の新聞記事の翻訳である。この新聞記事の信憑性に問題がある。記者の問題提起や憶測が、あたかも事実のように認識されることが多い。「ベトコンバンクが増資する。株式取得できますか?」というような質問を受けることがあるが、この「増資する」というのは計画に過ぎない。具体的な時期や内容も決まっていない。

 たとえば『東京スポーツ』(大阪では『大阪スポーツ』)に「×××離婚!!」という第1面記事がデカデカと掲載されるが、その最後に小さな文字で「か?」と書いてあったりするのに似ている。

 このような憶測の情報を避けるためには直接の取材が一番だ。この意味で、マネーベトナム=ドットコムは、より正確な情報提供のメディアとして期待される。

 このサイトに「ロータス証券投資ファンド運用管理会社(ベトナム国家証券委員会認可)」が紹介された。タイ社長のインタビュー記事である。ロータス社の少数精鋭の優秀なメンバーの写真も掲載されている。冒頭で紹介したサイトを参照されたい。

|

« ハノイの仕事 | トップページ | ハノイの仕事:調子は上昇 »