« 31日の出来事 | トップページ | 日本とベトナムの経済連携には中小企業の観点が必要だ! »

2007年8月 1日 (水)

今日は何をしたか?ホーチミン市

 ドンズー日本語学校でホエ校長と伊藤先生に会う。ホエ校長とは10年来のつき合いである。ホーチミン市のホテル代を節約するためにホエ先生の勧めで、この学校に宿泊したこともある。シャワーに温水はなかったが、それがベトナム流である。何とか数日を過ごしたことがある。今日は、ここで岡山テレビが取材に来ていた。ベトナムを代表する最も古い民間の日本語学校だから、取材の対象としては十分である。

 VJCC(ベトナム日本人材協力センター)の藤井所長に会う。最近のビジネス事情を伺った。昼食の後に、以前に日越経済交流センターの大阪で働いていたオアインさんに会った。新しいセンターのホーチミン市代表のタムさんを紹介することと、最近のベトナム情勢を聞くためだ。

 その後、ホーチミン市人民委員会の投資貿易促進センター(Investment & Promotion Center)を訪問し、投資促進部長のDungさんにお目にかかり、これも情報交換した。

 以上、私の今日の情報収集活動である。さらに夕刻に大阪からお越しになった大井社長とチョロン(中国人街)の海鮮料理店で夕食をご一緒した。このブログでも紹介した「クア」(日本名はエガニ)が私にとって最高である。ハノイでも「クア」を食べたが、大きさが違う。何度も言うが、ホーチミン市の「クア」は最高。しかもシーズンが違うと思うのだが、動いている生きた卵付き「クア」がいる。1㎏で22万ドン(約1,500円)。日本なら最低でも5千円はすると思う。

 自分で言うのも厚かましいが、今日は大活躍だった。はっきり言って疲れた。お休みなさい。

|

« 31日の出来事 | トップページ | 日本とベトナムの経済連携には中小企業の観点が必要だ! »