« ベトナムにおける法律・規則変更の論理:リスクを予想する | トップページ | 盛況のベトナムセミナー:感謝です »

2007年7月 5日 (木)

ロータス社ソン会長の来宅;テトも大歓迎だ

 何度か登場するテトが、ソンさんを大歓迎した。これまでの576回のブログの中で、テトとソンさんは何回か登場した。

Photo_2  テトは、写真の通り。最近は、目の周辺に白髪が増えてきた。このテトが、ソンさん(ロータス証券投資ファンド運用管理会社・会長)を拙宅で大歓迎した。大歓迎とは、飛びかかることだが、これは正規の訓練を受けていないテトの悪い性癖だ。

 テトとは、TET。ベトナム語の旧正月のことだ。この名前は、弊社(合同会社TET)の登記済みの名称でもある。今から考えれば、「合同会社・旧正月」というユニークな社名だ。

 ソンさんは、2度目の来日。以前は横浜に滞在したそうだが、それ以外の日本は知らない。東京の訪問では「すごい!」を連発していた。日本人でも、その巨大都市の雰囲気や「オーラ」に圧倒されるのだから、ベトナム人なら当然かもしれない。

 明日は、(株)GABBが主催するベトナムのセミナーでソンさんと私が共演する。共演と言うよりも、私が前座を務める。「GABBsemi.pdf」をダウンロード

 ソンさんは自宅に宿泊中だが、私よりも妻の方が同行する時間は長い。今日の私は、神戸市外国語大学の非常勤講師で午後7時20分まで講義だった。ともかく多忙だ。毎週11コマ(通常のノルマは5.5コマ。1コマは90分の講義)をこなしているのだから当然だ。こういう愚痴を独白する。だれかに聞いてほしい。これもブログの特徴であろう。

 ソンさんは日本の時間差に慣れてきたようだが、そうなったときには帰国となる。未だご家族のお土産を買う時間がないので、帰国日の7日の土曜日には十分に時間を作ってあげようと思う。しかし私は土曜日も講義だ。超多忙。とは言うものの、民間企業に比べれば、それほどでもないと自覚している。ともかくソンさんにとって、有意義な日本訪問であることを願っている。

|

« ベトナムにおける法律・規則変更の論理:リスクを予想する | トップページ | 盛況のベトナムセミナー:感謝です »