« 「順調」に下がり続けるベトナム株価:5月までか7月までか? | トップページ | ベトナム投資ファンドのリスク管理はどうなっているか?:預託銀行(Custodian)の役割 »

2007年4月29日 (日)

映画『ロッキー・ザ・ファイナル』を見る

 映画「ロッキー」のDVDシリーズは全巻購入済み。『ロッキー1』は、私が大学生の時の映画だ。その時から何と30年が経過した。このシリーズの最後となる『ロッキー・ザ・ファイナル』。これを見なければ、わが人生に悔いが残る。

 しかしながら、話の展開は予想通り。意外性がない。それでも見に行ってよかった。シリーズ作品の最後は、そういうものだ。もちろん印象深い風景があった。過去を振り返る。想い出の場所を再訪する。こういう回想シーンは、私のような世代になると「ジーン」なのだ。

 ロッキーのセリフで印象深いのは「自分を信じる」。I believe in myself.英語では、この表現ではなかったと思うのだが、こういう意味のメッセージは、われわれの年代には特に効く。それに起業したばかりの私にとって、さらに心に浸みる。

 予定調和的な感動。こういう映画は、それで満足だ。よーっし。明日から身体を鍛えよう。そして実は決心した。「ホノルル=マラソン」完走だ。有言実行。中学校時代、陸上競技部の部長だった血が騒ぐ。これは、ロッキーと同じ「胸騒ぎ」のような気がする。映画から元気をもらう。夢とやる気をが出てくる。でも家族はマラソン出場には反対だ。家族とは、そういうものなのだ。ロッキーの息子もそうだった。うーん。重なり合うな。

ザ・ベスト・オブ・ロッキー~ロッキー・ザ・ファイナル オリジナル・サウンドトラック Music ザ・ベスト・オブ・ロッキー~ロッキー・ザ・ファイナル オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:サントラ,ディエッタ・リトル,ネルソン・ピグフォード,サバイバー,ジェームス・ブラウン
販売元:東芝EMI
発売日:2007/04/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 「順調」に下がり続けるベトナム株価:5月までか7月までか? | トップページ | ベトナム投資ファンドのリスク管理はどうなっているか?:預託銀行(Custodian)の役割 »