« 映画『ロッキー・ザ・ファイナル』を見る | トップページ | なぜ「社員」なのか? »

2007年4月30日 (月)

ベトナム投資ファンドのリスク管理はどうなっているか?:預託銀行(Custodian)の役割

 ベトナム投資信託(投資ファンド)の組成に関する構造上のリスク管理はどうなっているのであろうか? 以下では、ロータス証券投資ファンド運用管理会社が組成を準備しているロータス・グロース・ファンド」の『目論見書』(草案)における預託銀行(Custodian Bank)の義務と権利を紹介する。


預託銀行の義務:

 1.ファンド運用者の承認の下に、ファンド出資者の登記簿謄本を申請および保管し、ファンド出資者の設立拠出資本に関係したすべての情報を記録する。その情報にはファンド出資者の資本拠出金の譲渡や、資本供出金およびファンド単位数の変化が含まれるが、それに限定されることはない。資本供出所有権に関係するファンド出資者の権利行使を容易化および支援する。

 2.ベトナム証券保管センターにファンド資産の証券を集中して預ける。証券保管センターで集中して預託されていないファンド資産を預託および保管する。

 3.ファンド資産を次のような資産から分離して管理および保管する。(ⅰ)他のファンドと他の投資者の資産、(ⅱ)銀行自身の資産、(ⅲ)銀行の監督または管理下にある他の資産。どのような場合も、ファンドの資本と資産は、ファンド以外のどのような組織または個人の負債を返済するために使用されてはならない。

 4.保管協定そして設立認可書およびベトナム法で規定されているように、ファンド運用者の書面による指示の下に、ファンド運用に関係する資産を割り当てる。


 5.
ファンド資産に関係するすべての取引代金を次の原則によって支払う。証券の譲渡とそれに伴う支払いは同時に実行される。ファンド運用者によって決定された異なった規定を除いて、現行規則によって規定された相殺と支払いの原則に従う。有価証券取引の支払いは、支払い請求書に記載された証券の数量と金額に一致しなければならない。


 6.
ファンドの証券所有権に関するファンドの諸権利を、指図書を通してまたはファンド運用者の指示によって即座に完全に行使する。


 7.
ファンドの資産と取引に関連しているファンド運用者によって準備された報告書を認証する。


 8.
純資産価値の計算の過失が出資者の利益に実質的に悪影響を与えると預託銀行が判断した場合に、出資者の利益を保護するために適切な救済策を適用する。


 9.ファンド設立許可書、保管協定およびベトナム法に従った預託銀行の活動に関する報告書とファイルを作成および保持する。


 10.
ファンド設立許可書、保管協定および適用可能な法律文書に従う。


 11.
ファンド資金とファンド運用者の投資活動と取引などに関するすべての情報を厳格に守秘する。預託協定およびファンド設立認可書に従った義務を遂行する以外の目的のために、預託銀行がその機能を遂行する過程で受領および入手したファンドの財務的かつ運用上の地位に関する情報を、法律および/またはベトナムの管轄当局が要求する場合を除いて、どのような第三者にも公開しないし使用しない。


 12.
ベトナムの法律に従った他の義務

ファンドの報告書または取引に関する預託銀行のすべての証明または承認は、そのような報告書または取引が、ファンド設立許可書およびベトナム法に合致して作成および実施されたことを意味するだけとする。



預託銀行の権利:

 1.
ファンド設立許可書とベトナム法に従って手数料を受け取るが、ファンドそれ自体または第三者のためのどのような利益も受け取らない。


 
2.理事会およびファンド出資者総会の会議に出席する。



 以上は、ベトナムの法律事務所で作成されたベトナム語と英語の『投資ファンド設立認可書』(=『目論見書』)の草案の一部を抜粋した。この投資ファンドは、ベトナム国家証券委員会が認可している。私見では、ファンド運用者の勝手な資金流用の「歯止め」の役割を預託銀行が果たしていると思われるが、それが「グローバル=スタンダード」から見て十分なのか不十分なのか? この検討が次に必要である。

|

« 映画『ロッキー・ザ・ファイナル』を見る | トップページ | なぜ「社員」なのか? »