« 就職活動中の学生に贈る:自分を高く「売る」こと | トップページ | ハーロン湾の失敗 »

2007年3月25日 (日)

ベトナム・ハノイからの報告:信じられない出来事

 このブログは、関西空港で書いている。公開は25日(日)。24日からベトナム訪問。学生が12名。現地合流が1名。昨日のブログに関連して言えば、これを機会に大いに「コミュニケーション能力」を鍛えてもらいたい。海外旅行が初めてという学生が多いだけに刺激も強いだろう。

 このように考えていると、関西空港で学生が1名脱落した。信じられない! 航空券の氏名とパスポートの氏名が一致しない学生がいた。これはしかたがない。少なくとも4回は名前をチェックするように学生に伝えている。そこで訂正を申し出た学生もいた。それでも名前を間違っている。これは、信じられないことだ。

 このような場合、発券後だから料金の返済はない。それも何度も念を押している。しかたがないことだ。このような場合、新たに航空券を発行することも可能だそうだが、通常料金になってしまう。この学生は、非常に残念だが、ベトナムに縁がなかったとしか言いようがない。

 最初から驚愕の出来事だ。普通では信じられない。今回の旅行は旅行会社を使用していない。そこから生まれた失敗だ。しかし、自己責任は周知のことだ。出発の前からのトラブル発生。さてこれから、どうなるか。今回は、大変な予感がする。

|

« 就職活動中の学生に贈る:自分を高く「売る」こと | トップページ | ハーロン湾の失敗 »