« ハノイで「ベトナム株式セミナー」の開催 | トップページ | ベトナム最後の時間:これはすごい効き目だ »

2007年3月29日 (木)

ホーチミン市の「G7マート」について市場調査

 27日の株式セミナーの直前、タクシーの中で携帯電話を紛失した。自分の電話番号に連絡すると、スイッチが切られていた。これは困る。今回の旅行の緊急連絡先になっている。そこで新しい電話を買った。

 この電話には、新しいと言っても、正確には中古品だ。さらに、以前に使用していた人物の電話番号のメモリーが入っている。ということは、私の携帯電話もどこかの店頭で販売されているのかもしれない。もしそうであれば、さらに時間があれば、執念の捜索を続けて、この盗品販売ルートを告発しようかと考えないこともないが、結局うっかりしていた私の自己責任である。あきらめるしかない。

 28日にハノイからホーチミン市に移動。タンソンニャット空港からバスで市内視察した。その後、明日29日の貿易大学ホーチミン分校における学生交流の準備をした。パソコンを持参している学生は皆無であったから、私がワープロでアンケート用紙を清書する。いやはや寝る時間もない。このアンケート用紙を添付ファイルで公開しよう。ベトナム資本100%のコンビニエンスストアであるG7マートを対象にした市場調査である。
「ConviQues.doc」をダウンロード

 この調査には、全面的にG7マートの協力を受けた。各加盟店の住所のリストまで提供していただいた。こういう好意に応えなければならない。調査自体は、たとえば売上高などの質問は省略した。この種の質問は回答し難いからだ。

 この様子は、明日に紹介する。予定では29日午前に学生交流。同日午後に市場調査。30日午前に発表・報告会を開催する予定である。

 ともかく現在、非常に疲労している。気持ちが張っているから何とかもっているのだろう。次回からは、添乗員付きの「お気楽旅行」にしよう。こんなハードな旅行では寿命が縮む。

|

« ハノイで「ベトナム株式セミナー」の開催 | トップページ | ベトナム最後の時間:これはすごい効き目だ »