« ロータス社提供「ベトナム経済ニュース」(3):国有投資機関SCICとは何か? | トップページ | ODA記者会見で現金配布:お車代の慣行 »

2007年2月14日 (水)

今日は風邪でお休み

 先週は東京2泊出張を含めて休みなし。風邪を引いた。昨日も明日も大学で休むわけにはいかない。そこで今日は休養。あまり食欲がないことを好機にして、食事も減らして体重も減らす。転んでもタダで起きない。「ネアカのびのびへこたれず」。そういうことにしておこう。

 ベトナムの「ロータス社」に電話したら、今日は「忘年会」で職員みんなで昼食は日本料理店に行ったそうだ。旧正月前のウキウキした雰囲気が伝わってくる。

 インベスター=リレーション(IR)担当のTRANG(チャン)さんからは、先生、次に来るときは「お年玉」ですよと言われている。確かに、そう言われれば、「お年玉」を渡すような立場になったのだなあと思う。この「お年玉」、要するに縁起物だから高額は必要ない。5万ドン~10万ドンで十二分だ。それでも10人も渡せば、結構な出費になる。それも楽しいではないか。その代わりに、今度は、「先生の日」にプレゼントをくれるようにお願いしてみよう。花束がてんこ盛りになるかもしれない。

 ベトナムでは、このようにプレゼントを交換する習慣は強く残っている。これを忘れたからと言って、外国人だから許されるだろうが、いつまでもベトナム人には接近できないであろう。かつての日本にあったような濃密な人間関係が残っているので、それに注意しながらベトナムでビジネスをする。円滑なビジネスの遂行にとって、これは重要なことだと思う。

 休憩と言いながら、これだけ書いてしまったじゃないか。もう、「どうにも止まらない」。山本リンダ現象だ。それにしても、古~~い!! まさに中年オヤジだ。

|

« ロータス社提供「ベトナム経済ニュース」(3):国有投資機関SCICとは何か? | トップページ | ODA記者会見で現金配布:お車代の慣行 »