« 東京から大阪に:スカイプ余話 | トップページ | 2回生ゼミ生にメッセージ:共に学び合うことで長くつきあう »

2007年1月14日 (日)

連続テレビ番組『華麗なる一族』を見る

 日曜日午後9時からのテレビ番組は『行列のできる法律相談所』が私の定番だが、今日は『華麗なる一族』だ。かつて山崎豊子の原作小説を読んだし、さらに映画も見た。当然、これらとテレビ番組とを比較したくなる。なお、この『華麗なる一族』の視聴率は30%を超えたそうだ。

 テレビ『華麗なる一族』では木村拓哉が主役である。この役は、映画では仲代達矢。そうなると、木村と仲代を比較しなければならない。原作の人物(=鉄平)像を見れば、東大工学部卒でMIT留学した専務取締役。仲代には、その雰囲気はあったが、木村にはどうか? 判断の難しいところだ。

 万俵大介の役は、北大路欣也だが、映画では佐分利信。佐分利信は、テレビの『白い巨塔』では東都大学の船尾教授、『日本の首領』では佐倉親分の役。この佐分利に北大路が対抗できるのか? これも評価の分かれる配役だ。

 ここで最大の違和感は、大同銀行頭取の柳葉敏郎だ。映画では二谷英明だった。柳葉の設定は50歳ということになっているが、日本銀行の天下り都市銀行頭取が50歳というのは現実的だろうか? 大蔵省主計局次長の美馬中の役は、映画では田宮二郎だった。田宮は『白い巨塔』では財前教授だ。この田宮の大蔵官僚は秀逸の適役だった。中村トオルは悪くなかったが、田宮が凄すぎる。

 テレビの鈴木京香と、映画の京マチ子。この比較は難しい。個人的に好きなのは鈴木だが、役柄としては京かもしれない。この役柄は、若干の「下品さ」が必要だと思う。この意味で、鈴木は華麗すぎる。

 おそらくテレビ『華麗なる一族』も、映画版と同様にDVD化されると思う。このDVDを買うべきか、買わないべきか。これから考えよう。なお最後に要望だが、大阪や神戸を舞台にした映画やテレビでは、やはり大阪弁を使ってほしい。テレビ『白い巨塔』における昭和版の曽我廼家明蝶、平成版の曽我廼家文童のような大阪文化を象徴するような絶妙の大阪弁の達人が『華麗なる一族』にも登場してほしい。今のところ、笑福亭鶴瓶が、そういう位置づけかもしれない。

 久々のテレビ映画の超大作。今後の展開に期待したい。

Music 華麗なる一族 オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:服部隆之
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2007/02/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 東京から大阪に:スカイプ余話 | トップページ | 2回生ゼミ生にメッセージ:共に学び合うことで長くつきあう »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/4942052

この記事へのトラックバック一覧です: 連続テレビ番組『華麗なる一族』を見る:

» アドオン返済とは [クレジット&キャッシング カード業界のコールセンターからみた裏側]
今日は、聞きなれないアドオン返済について解説します。アドオン返済の定義を簡単にすると、「現金価格に手数料を加えた割賦販売価格を返済回数で割って、毎回の返済額を計算する方法」 をいいます。分割手数料を現金価格に上乗せするというadd onの意味からきているそうで...... [続きを読む]

受信: 2007年2月 7日 (水) 06時39分

» あまりに不幸で不可思議な一族 [ドラマ!あの素晴らしいドラマを、もう一度。]
初回以来ちゃんと見ていなかった「華麗なる一族」を、久しぶりに拝見してみました。でも、途中抜けているにも関わらず、何故だかそれほど支障はなく・・ただただ相変わらず、深刻でタイヘンそーな万俵ご一家でございました。視聴率は20%台をキープしてらっしゃるそうで結構なことですが、山崎作品&豪華な出演陣な割に、今ひとつ吸引力に欠けてるような気が・・。ちょっとヒマだったので、その辺りの原因を考えてみました。・・・思いますに、羨ましくなれないんですね。不幸過ぎるし、何だか変わってるんです、こ...... [続きを読む]

受信: 2007年2月15日 (木) 15時10分

« 東京から大阪に:スカイプ余話 | トップページ | 2回生ゼミ生にメッセージ:共に学び合うことで長くつきあう »