« ベトナムについて帝京大学教授・高山正之氏は何を言いたいのか?:『週刊新潮』2006年11月9日号(p.158)の妄言 | トップページ | 「第3回ベトナム日本学生学術交流集会」が神戸大学で開催:ベトナム人の優秀性を実感した »

2006年11月 3日 (金)

今日のコメント

 明日は、全国のベトナム人留学生が一同に会する「研究交流集会」が神戸大学で開催される。私は、「5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)のベトナム導入」について報告する予定だが、原稿は未完成である。

 早く準備すればよいのだが、それができないのは学生時代からの私の悪習だ。こんな時に限って、小説を読んだり、映画を見たりして現実から逃避してしまう。

 なお本日、日本経済新聞社が主催する「日経図書文化賞」の受賞図書の発表があった。

 この中に経営学分野の著書が含まれていないようだ。そもそも審査委員に日本経営学会に所属する「伝統的」な経営学者が含まれなくなった。このことは、経営学の衰退と考えるべきなのかどうか。別途に検討が必要な問題である。

 以上、今日は簡単な雑感である。

|

« ベトナムについて帝京大学教授・高山正之氏は何を言いたいのか?:『週刊新潮』2006年11月9日号(p.158)の妄言 | トップページ | 「第3回ベトナム日本学生学術交流集会」が神戸大学で開催:ベトナム人の優秀性を実感した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/4052720

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のコメント:

« ベトナムについて帝京大学教授・高山正之氏は何を言いたいのか?:『週刊新潮』2006年11月9日号(p.158)の妄言 | トップページ | 「第3回ベトナム日本学生学術交流集会」が神戸大学で開催:ベトナム人の優秀性を実感した »