« JETROハノイセンター・石渡所長にインタビュー:英文誌『Vietnam Economic Times』から紹介(下) | トップページ | 脱ダイエーで過去最高益を達成:(株)オーエムシーカードの経営戦略 »

2006年10月11日 (水)

ベトナムのWTO加盟承認は早くて11月上旬:APEC開催に間に合うか?

 10月9日のスイス・ジュネーブにおけるベトナムWTO加盟交渉は合意を見なかった。しかし加盟は間違いない状況である。

 ベトナム加盟協議の議長であるノルウェー大使のEirik Glenneは、ベトナムが用意したWTO加盟に向けたすべての書類を初めて受け取り、それは完全に近いものであると指摘した。

 今後の最短の加盟予定は、10月26日を目標に作業部会で合意し、11月上旬に常任理事会を召集して承認。その後にベトナム国会で批准され、その30日後に正式に150番目のWTO加盟国となる。

 ベトナムにとって当面の最善のシナリオは、11月上旬にWTO加盟承認を取り付けることだ。そうすれば11月15日から開催予定のAPEC首脳会議で、WTO加盟承認国としてベトナムは胸を張ることができる。ただし、期待されていた正式加盟は来年2007年初頭になる。正式加盟国ではないが、承認国であれば、ベトナムのメンツも立つ。

 いずれにせよ、二国間協議において米国との交渉が終了しているので、ベトナムのWTO加盟は時間の問題と見られていた。来年のベトナムは、WTO加盟国としてスタートする。本格的な市場開放が徐々に現実となる。ベトナム企業にとって希望と緊張が高まって当然であろう。

 以上の情報は次を参照した。http://www.kiplingerforecasts.com/apnews/XmlStoryResult.php?storyid=244527
http://www.nhandan.com.vn/english/business/101006/business_vn.htm
http://asia.news.yahoo.com/061009/kyodo/d8kldbro0.html

|

« JETROハノイセンター・石渡所長にインタビュー:英文誌『Vietnam Economic Times』から紹介(下) | トップページ | 脱ダイエーで過去最高益を達成:(株)オーエムシーカードの経営戦略 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/3765751

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムのWTO加盟承認は早くて11月上旬:APEC開催に間に合うか?:

« JETROハノイセンター・石渡所長にインタビュー:英文誌『Vietnam Economic Times』から紹介(下) | トップページ | 脱ダイエーで過去最高益を達成:(株)オーエムシーカードの経営戦略 »