« タイでクーデター勃発:ラオス滞在中の学生の対応は? | トップページ | タイのクーデター続報:追記 »

2006年9月20日 (水)

タイのクーデター続報:日本外務省の指示

 本日20日の外務省の発表によれば、不要不急のタイ訪問を自粛するとともに、現地の在留邦人にはホテルもしくは自宅で待機するように指示が出た。

 この指示は、おそらくラオスで本日午後に日本大使館を訪問する学生たちにも伝わるだろう。ビエンチャンからバンコク経由で早く帰国するか、もしくはベトナム経由で帰国するかのいずれかである。空港から市内に出ることは、この指示から判断すれば、無理である。

 このラオスのボランティア活動は旅行会社を仲介していないので、学生の自主的な判断に委ねられている。それだけに緊張感もある。それが各自の成長にもつながるという趣旨である。帰国途中にバンコク観光を考えていた学生がいたと思うが、即座に帰国が望ましい。私が現地にいれば、航空券の変更手配をするところである。

 おそらく学生の所持している航空券は割引チケットのために変更できないのだろうが、その余分の出費は安全のためのコストである。このように考えるしかない。その判断が学生にできるかどうか。思わぬ災難は、学生だからといって割引してくれるわけではない。

 日本にいて私は以上のように判断するが、ラオスの日本大使館での指示に従うということを基本にしている。学生にも、そのことは厳命しておきたい。それでも指示に反する場合、それは子どもと同じだ。自分自身の世話をできない人間がボランティアをする資格もない。いずれにせよ、友達に説得させてでも帰国しかないだろう。

|

« タイでクーデター勃発:ラオス滞在中の学生の対応は? | トップページ | タイのクーデター続報:追記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/3511383

この記事へのトラックバック一覧です: タイのクーデター続報:日本外務省の指示:

« タイでクーデター勃発:ラオス滞在中の学生の対応は? | トップページ | タイのクーデター続報:追記 »