« ビエンチャンの酒巻さん:どうぞお元気で | トップページ | ベトナムブランドの確立:CMT生産からFOB生産へ »

2006年9月 3日 (日)

ファンティエットを日帰りで視察:今日は簡単に報告

 朝の7時から12時間をかけて、ファンティエット海岸を日帰りで視察した。旅は道連れだから、P氏とQご夫妻もご一緒した。

 4☆クラスのリゾートホテルで昼食をとったが、このホテルでも宿泊はベトナム人が多数。富裕層は確実に増加している。

 夕食はマンダリン。ここでもベトナム人の子どもが騒ぐ。1998年当時、来客は外国人ばかりであったのに、今はベトナム人がワインを飲んで、それを残すといった状況。そんなもったいないこと、日本人にはできないよ。また私はビールが精一杯。恐るべしベトナム人富裕層の消費・購買パワー。

 9月5日は、富士通コンピュータアプライアンス初代社長の川嶋修三さんとお目にかかれそうである。川嶋さんは来越。私は帰国。そのすれ違いの逢瀬である。最後の最後まで偶然である。

 明日は、朝から縫製企業を訪問。Qご夫妻の専門家としての目利きが楽しみである。

|

« ビエンチャンの酒巻さん:どうぞお元気で | トップページ | ベトナムブランドの確立:CMT生産からFOB生産へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/3311605

この記事へのトラックバック一覧です: ファンティエットを日帰りで視察:今日は簡単に報告:

« ビエンチャンの酒巻さん:どうぞお元気で | トップページ | ベトナムブランドの確立:CMT生産からFOB生産へ »