« ベトナム外国投資ファンドの動向:まだまだ資金供給は不足している | トップページ | ホーチミン市の初日:めちゃ忙しい »

2006年8月 6日 (日)

ホームカミングデイの開催:卒業生・退職教員との交流

 流通科学大学で初めて、昨日にホームカミングデイが開催された。卒業生や退職教員を合わせて300人が集まった。通常の同窓会を英語で言うと、このようになるのだろうか。余り詳細は知らない。

 懐かしい退職された先生方との交流は楽しかったし、卒業のゼミ学生の参加は5名であったが、話は盛り上がった。「先生のベトナムの本、サインしてくれたら買いますよ」などと嬉しいことを言ってくれて、全員が購入してくれた。 このようにして、厚かましい先生は「商売」を教育するのである。

 卒業生から新たに元気をもらったような気がする。ますます卒業生の活躍を期待したい。しかし私が一番、元気だったような気もする。自粛。自制。自省。自戒。

 実は、このブログを関空で書いている。今からホーチミン市に出発である。できるだけ毎日、現地報告をしたいと思う。以後、お楽しみに。

|

« ベトナム外国投資ファンドの動向:まだまだ資金供給は不足している | トップページ | ホーチミン市の初日:めちゃ忙しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホームカミングデイの開催:卒業生・退職教員との交流:

« ベトナム外国投資ファンドの動向:まだまだ資金供給は不足している | トップページ | ホーチミン市の初日:めちゃ忙しい »