« ハノイから:今日の出来事 | トップページ | ベトナム人と日本人:100%ベトナム人の視点をもつことの意義 »

2006年8月24日 (木)

G7マート・ヴゥ社長から電話があった:過密スケジュールの中を溺れずに泳ぐ

 朝から日本大学教職員組合の皆さんと大宇ホテルでお目にかかり、教職員組合と貿易大学を訪問した。教職員組合の会議では、日本側とベトナム側の接点が難しい。もちろん教職員の地位や待遇を守ることは共通しているが、日本側は経営陣との交渉が主要な任務であるが、ベトナム側は政府方針の徹底がその任務となっている。日本の言葉で言えば、政府の意向を反映・実践する「ご用組合」の役割である。こういう所に政治体制の相違を感じる。

 貿易大学では、日本大学グループから抜け出して前学長モー先生にお目にかかった。モー先生の学長当時は、非常に怖い先生という印象があり、近づきがたい存在。それが今、大変に親しくしていただいて嬉しい。現在は「情報科学センター長」という役職である。モー先生は国際法がご専門。今は、電子決済などの法的な研究が任務である。弊社(合Dsc08276 同会社TET)に関連する質問の答えとして、「日本企業とベトナム企業で取引上の紛争が発生した場合、第3国のシンガポールで仲裁することが一般的である。シンガポールは法律も仲裁も制度がしっかりしている。新しい企業法では、当事者間の契約で決めておけば、そういう紛争解決の手段は何ら問題ない」。なるほど勉強になった。写真は、貿易大学で日本大学教職員組合一行との記念撮影である。ベトナムの教職員組合の新聞にも記事と写真が掲載されるそうである。

 午後は、乳母車などベビー用品の市場をTHUYさんと一緒に調査した。人口が増加す るベトナムでDsc08394ベビー用品市場は有望であり、将来の可能性ある市場である。その後に郊外の新興アパート群を自動車で回り、さらに11月開催予定のAPEC会場の写真を撮った。このアパート群だけを見ると、私の知る限り、シンガポール・韓国・台湾・北京を彷彿させる。ベトナムのイメージは、APEC首脳会議の開催を契機に一新されるだろう。このAPECのための国際会議場は、フランス人のデザイン。大きな波をイメージしていると思われる。まさにベトナム成長・躍進を表現している。この巨大建築を見ていて、オリンピック開催(1988年)前の韓国ソウルのチャムシル付近の様子が想起される。

 夜は、メリアホテルで「G7マート」のヴゥ社長とお目にかかった。コンビニのチェーン展開について日本人専門家を紹介してほしいと言うのである。先方から電話を頂戴したのは光栄である。私は社長に会ったことがなく、どのように会うのか不安だった。そこに以前、商工会議所に勤めていたフォンさんが来たり、一昨日に会ったばかりのニット製造会社のハイ社長も来た。このメリアホテルで「ホンダシビック」の発売展示会があったからである。ハイ社長に「あれがヴゥ社長だ」と教えてもらった。両者に面識はないが、ヴゥ社長は有名人で、だれでも知ってると言うことだった。ハイ社長も同席して、ベトナムでの流通Dsc08403 システムの改革について意見交換した。この面会は、今回のベトナム訪問で最大の出来事であった。

 写真の右がヴゥ社長。それから私、ハイ社長、ハイ社長の友人のソンさん。ほかのベトナム人がソフトドリンクなのに、私だけが生ビールを注文。次第に「ベトナム人化」してきたことが自覚できる。昔のベトナムなら普通のことである。でも正直に言えば、少しビールを飲んだ方が、私の英語とベトナム語は円滑になるのだ。

 日本でダイエー中内功が進めた「流通革命」が、ベトナムで継承されるような印象を私は覚えた。もしそうであれば、その伝承の役割を私が果たすことができるかもしれない。私のベトナム流通システムの理解とヴゥ社長の認識が一致した。WTO加盟後の小売り業における外資流入に対応するためには、ともかくスピードが必要ということであった。だからこぞ、ともかく7月に全国で500店舗のチェーン店をオープンさせた。各店舗の質の改革はこれからの課題。「量から質を変えていく」。これも同意見であった。大量の仕入れによって低価格を実現し、さらに自前の物流センターから各店舗に配送する。これをベトナム人自身が外資に依存せずに国内資本で実行しようとしている。この壮大な構想に感動せざるをえない。

|

« ハノイから:今日の出来事 | トップページ | ベトナム人と日本人:100%ベトナム人の視点をもつことの意義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/3200381

この記事へのトラックバック一覧です: G7マート・ヴゥ社長から電話があった:過密スケジュールの中を溺れずに泳ぐ:

« ハノイから:今日の出来事 | トップページ | ベトナム人と日本人:100%ベトナム人の視点をもつことの意義 »