« NHK第1放送「新聞を読んで」出演の雑感 | トップページ | 科学研究費補助金=公的資金による海外出張:問題点 »

2006年7月16日 (日)

やっと終わりました EXHAUSTED!!

 今日、ベトナムの著書の校正が終わりました。ベトナム出張とNHKラジオ出演に加えて、この仕事が連続し、やっと終わってホッとしています。ホッと言うよりも、英語でexhausted しました。

 この本は、ビジネス人向けなので、ちょっと学術書とは勝手が違いました。たとえば図表の下には、出所や資料を必ず記載するものですが、それらは巻末に一覧にされています。また、文書の注はできるだけ添付しないようにされています。これらは出版社の意向です。

 考えてみれば、新聞や雑誌には注が付いていません。それだけ「ナマ情報」ということでしょう。そうであれば、ビジネス書でも「ナマ情報」の臨場感を出さなければなりません。ごちゃごちゃした参考文献や注などに依存せずに、すべてが自分の意見・見聞・データに基づく内容が期待されているということでしょう。これが、ビジネス書の売れる条件のひとつなのかもしれません。

 これまで私の単著は、『企業権力のネットワーク』(1994年、文眞堂)です。これは翻訳書ですが、愛着のある本です。翻訳の善し悪しは、英語力ではなく、日本語の表現力に依存することを気づかせてくれました。この時の初版は1500部でしたが、現在は完売しています。他方、今回の本では、一般の人々に売れる本はどういうことかを考えさせれました。もちろん内容は重要ですが、その表現力も重要ということです。今回の初版は3000部です。

 カナリア書房の担当者・日高さんは、明日の祭日も出勤して校正をチェックしてくれることになっています。私の原稿が遅延したために迷惑をかけたということです。申し訳なく、また感謝です。

 ともかく、このブログから書き始めた「ベトナム情報」が著書になります。7月末までに出版予定です。ぜひ、ご購入ください。

|

« NHK第1放送「新聞を読んで」出演の雑感 | トップページ | 科学研究費補助金=公的資金による海外出張:問題点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/2680597

この記事へのトラックバック一覧です: やっと終わりました EXHAUSTED!!:

« NHK第1放送「新聞を読んで」出演の雑感 | トップページ | 科学研究費補助金=公的資金による海外出張:問題点 »