« ダイエー故・中内功氏を再見:山崎努主演TVドラマ『価格破壊』再放送始まる | トップページ | ベトナム情報(13):WTO加盟に向けて米国と合意 »

2006年6月 4日 (日)

株式会社ロック・フィールド:「子どもたちに夢を」建築家・安藤忠雄氏が語る

 6月3日(土)午後1時30分から、株式会社ロック・フィールドが主催する「元気の木保育室 開設記念フォーラム」が神戸市東灘区の本社で開催された。

 ロック・フィールドの社名は、創業者の岩田弘三社長の名前「いわた」の英語直訳に由来している。商品ブランド名では、「デパ地下」の総菜販売で圧倒的な人気を誇るRF/1、それに同社を急成長させた神戸コロッケなどが有名である。たとえばRF/1は、経営統合が予定されている大阪・梅田の阪急百貨店・阪神百貨店の双方の地下食料品街に店舗がある。わずか徒歩10分ほどに2店が隣接し、それぞれが繁盛店である。その人気ぶりが伺える。同社の詳細は次のHPを参照。http://www.rockfield.co.jp/index.html

 さて上記のフォーラムは、静岡工場に続いて神戸市本社に従業員向け保育所が本年4月に開設され、それを記念してDsc07494 開催された。テーマは「子どもたちに夢を」。ロック・フィールド社の静岡工場・本社工場そして両工場の保育所を設計した建築家・安藤忠雄氏(東京大学名誉教授)が基調講演された。静岡工場では最初3名の保育から始まったが、現在は40名を超えているそうである。(注:写真は、その保育所の外観である。クリックすると大きく鮮明に見えます。)

 さて、一般の会社内に従業員用の保育所が開設されたからと言って、それが何の意味があるか。

 このフォーラム開催の数日前に日本の出生率が1.25であることが報道された。日本の人口減少は加速されている。女性が働き、そして家庭をもって子どもを生み育てる。「仕事か家庭か?」、「仕事か子どもか?」といった選択肢は、これまで女性にとって二者択一の難問であったが、それは両立して解決できる課題である。それは矛盾ではなく、それを解消する手段を模索・推進することが社会進歩の過程であるとみなされる。ロック・フィールドの保育所開設は、そのひとつの試みである。これが、より多くの会社によって拡大されることが期待される。

 私見では、少子化対策を政府が本気で推進するなら、ロック・フィールドのような企業に対して政府・行政による支援が必要とされる。ただし今日の財政状況を考えれば、補助金の給付は難しいかもしれない。そこでたとえば、企業の社会貢献度の高低に応じた減税・増税があってもよい。ほとんどの日本企業は現在、従業員の成果を評価して報酬に反映させている。それと同様に、企業に対して一律に課税するのではなく、その社会貢献度に応じて政府が企業を評価・課税しても違和感はない。

 私見では、ロック・フィールドは、自社の社会貢献もしくは社会的責任として保育所を開設している。さらに同じ設置するなら、子どもにとって最良の環境を提供することを目的として、世界的に著名な安藤忠雄氏に設計を依頼しているのである。

 ただし株主利益の立場から、そんな資金があるなら、もっと配当金を増やせという意見があってもおかしくない。その反論として、保育所によって女性従業員の労働意欲は高まり、こういったフォーラムの開催を通して企業イメージの向上が期待できる。従業員満足の向上が顧客満足の向上にもなる。それが株主利益に連結する。

 さらに、より重要なことは、同社の商品が消費者の健康に直接関係する食品ということである。株主利益だけを追求する会社が、その商品の安全性を最優先するか疑問である。また、そういった会社の商品に消費者は安心感をもつことはできない。このような意味で、企業の社会貢献・社会的責任を果たすことが、従業員・顧客・株主の利益に貢献する社会が望まれる。このような将来の展望が、ロック・フィールドを通して垣間見ることができる。

 同社の「食の価値観」は、健康・安全・安心ということである。これを具現化したのが静岡工場であり、そして今回の保育所である。ますますの同社の進化と発展を期待したい。

|

« ダイエー故・中内功氏を再見:山崎努主演TVドラマ『価格破壊』再放送始まる | トップページ | ベトナム情報(13):WTO加盟に向けて米国と合意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/2050960

この記事へのトラックバック一覧です: 株式会社ロック・フィールド:「子どもたちに夢を」建築家・安藤忠雄氏が語る:

« ダイエー故・中内功氏を再見:山崎努主演TVドラマ『価格破壊』再放送始まる | トップページ | ベトナム情報(13):WTO加盟に向けて米国と合意 »