« 大学経営の反省と教訓(続) | トップページ | 上田ゼミ版『面接の達人』レポート(続) »

2006年5月 1日 (月)

パソコンテレビ・GYAOを見る

 インターネットのブロードバンド環境を経由した無料テレビ放送GYAO初めて見た。これは面白い。無料にしては内容が充実している。映画の途中でCMが挿入されるのが気になるが、無料なのだから許容範囲内である。このGYAOを運営しているのが、ライブドアを買収すると言われている株式会社USENである。

 ブロードバンドとは、「高速な通信回線の普及によって実現される次世代のコンピュータネットワークと、その上で提供される大容量のデータを活用した新たなサービス」のことである。「光ファイバーCATV、xDSLなどの有線通信技術や、FWAIMT-2000といった無線通信技術を用いて実現される、概ね500kbps以上の通信回線がブロードバンド」と呼ばれる。注:『ブロードバンド辞典』http://bit-drive.e-words.ne.jp/を参照。

 私は映画やドキュメンタリー番組が好きだ。すでにCATVを通してWOWOW・オンディマンド映画や、衛星放送のスカイパーフェクトTVを視聴している。これらは有料であるが、あまり見たい映画がない。有料であるなら、近くのTSUTAYAでレンタルDVDを借りる。もちろん見たい映画をWOWOWやCATVで放映することもあり、それを理由に契約しているのだが、その時間帯は忙しいか、それを忘れていることが多い。そうだからと言って、録音するほど見たいとも思わない。

 私のような視聴者にとって、GYAOは便利である。見たい時に見たい映画を選択できる。しかも無料である。そこで以下、今後のGYAOの一層の発展を期待するという観点から、少し気になったことを提案・要望として述べてみたい。

 (1)やはり映画は大画面の大音響で見たい。パソコン対応のプラズマTV・液晶TV・プロジェクターにパソコンを接続するのだが、画面や音声の設定がうまくできない。私の場合、画像は大画面で鮮明だが音声はパソコンで視聴した。これは、GYAOのようなパソコンTVに対応した本格的なパソコンまたはTVの機種が十分に普及していないことを反映している。または、既存のパソコンやデジタルTVとの接続が円滑にできるパソコンTV用の機器が必要である。なお、こういったハード機器は、おそらく発売されているのだろうが、私が知らないだけかもしれない。

 (2)映画コンテンツを顧客別に絞り込む。これまで私はGYAOで「眠狂四郎シリーズ」と「大魔神シリーズ」を見た。これらは私が小学生の時の作品である。中村玉緒・藤村志保・高田三和など主演女優は、さすがに若々しく現代に通用するほどに美人だ。しかも上品である。特に藤村志保に目を見張った。故・市川雷蔵の眠狂四郎は、その後の田村正和のそれに勝るとも劣らず、やはり眠狂四郎の本家は市川雷蔵である。ここで疑問がある。果たして、こういった映画をだれが見るのであろうか。焦点となる視聴者は「団塊の世代」であると思われるが、映画途中で挿入されるCMは若者向けである。それでは、若者がレトロ感覚で市川雷蔵を見ることを想定しているのであろうか。この不統一性が理解できない。

 (3)パソコンTVの無限の成長可能性を実感できる。このGYAOを見て、たとえば映画コンテンツを多様化・豊富化させることができれば、レンタルビデオ(DVD)店や映画館の代用になりうると思った。そういった場合もちろん有料放送となるが、視聴者にとっては無料放送との選択肢の幅が広がることになる。さらに映画の放映途中のCMが気になる人には、有料でCMを消去することも技術的には可能であろう。さらに無線ブロードバンドの普及が実現すれば、電車の中でも映画を視聴できる。NHK衛星放送の独占であった海外日本語放送も、その国にブロードバンド環境さえあれば、世界中で日本語放送が楽しめる。さらには外国人向けの現地語での日本映画の放映もできる。たとえば「眠狂四郎シリーズ」の英語版・中国語版などが放映され、その放映の途中に現地企業のCMが挿入される。こういったことは実現可能であろう。

 ライブドアがニッポン放送株式、楽天がTBS株式を取得して業務提携を迫る。その目的は何か。この答えはGYAOを見て理解できた。これまでのTV放送がパソコンと融合し、そこから新しいメディアが生まれ、新しいサービスが提供される。より一般的に言えば、IT企業と放送会社の垣根がなくなる。このような時代の到来をGYAOは実感させてくれた。未だ見ていない人には、ぜひ一見されることを勧めたい。

|

« 大学経営の反省と教訓(続) | トップページ | 上田ゼミ版『面接の達人』レポート(続) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/1633616

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンテレビ・GYAOを見る:

« 大学経営の反省と教訓(続) | トップページ | 上田ゼミ版『面接の達人』レポート(続) »