« 大学生の就職のツボ:続続編 | トップページ | ベトナム株式投資のリスク(3) »

2006年4月25日 (火)

「関西ベトナム友の会」の再出発

 24日(月)午後7時から、ベトナムに関心をもっている人々が集まって、ベトナム料理を食べる食事懇談会が大阪のベトナム料理店ビアホイで開催された。これは「関西ベトナム友の会」の再開という意味をもっている。

 元JETROハノイ所長の朝倉俊雄さん(現インドネシアJICA専門家)が、ハノイから帰国されて神戸JETRO所長をされていた時に、朝倉さんの提案で何ヶ月かに1度、ベトナム料理を食べながら、ベトナムを語るという会を開催していた。これを「関西ベトナム友の会」と呼んだ。事務局を私が担当していた。

 その後、朝倉さんがJETROインドネシア所長に赴任されてから、この会が自然休会していた。しかし今回、この会を再開しようということになった。この会には、女優の三林京子さんや、天神橋商店街の土居年樹会長を始めとする幅広い方々のご出席を賜っていた。もちろん在大阪ベトナム総領事館からも総領事や副総領事が参加されていた。ベトナムという接点で、さまざまな人々の美味しい楽しい出会いがあった。

 今回の食事懇談会は、当初は別の趣旨であった。ホーチミン市のベトナム松下電器において現地社長を長く務められた藤井孝男さんが、ベトナムから大阪に帰国され、さらに4月末で松下電器を退職される。そこで、それを記念した歓迎会・送別会を開催しようということになった。しかし残念ながら、ご急用のために藤井さんに出席していただけなくなった。呼びかけ人としては困惑したが、最初からベトナム好きの親しい方々にお声をかけていたので、主役不在であっても楽しい一時を過ごしていただけると思って開催を決断した。

 食事懇親会にはDsc07461_1、合計12名の方々が出席された。これらの皆さんに感謝である。特にベトナム三洋電機の初代社長・竹岡友昭さんは、群馬県からのご出席であった。竹岡 さんは、ベトナム関係の人気ウェブサイトである「ベトナム雑記帳」を主催されており、ベトナムのご体験をインターネット上で書籍として出版もされている。竹岡さんとは、三林京子さんらと一緒にラオスを旅行したことがあるし、ベトナムで何度もお目にかかっている。

 この食事懇親会を契機にして、「関西ベトナム友の会」を再開し、今後も数ヶ月ごとに集まろうということになった。オープンな会なので、ベトナム料理を食べてベトナムを語りたいという人は、どなたでも歓迎である。次回の開催は、このブログでお知らせしたいと思う。

|

« 大学生の就職のツボ:続続編 | トップページ | ベトナム株式投資のリスク(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/1528902

この記事へのトラックバック一覧です: 「関西ベトナム友の会」の再出発:

« 大学生の就職のツボ:続続編 | トップページ | ベトナム株式投資のリスク(3) »