« アルバイト学生が「社会人学生」に変身? | トップページ | ベトナムと「餃子の王将」の深い関係!! »

2006年4月14日 (金)

ベトナム人留学生が学術交流集会を主催

 本年11月4日と5日に、第3回日本ベトナム学生科学交流集会(VJSE 2006: The 3rd Vietnamese-Japanese Students' Scientific Exchange Meeting)が、神戸大学・六甲台キャンパスで開催される。これは、日本全国のベトナム人留学生が中心となり、日本人やそのほかの国の留学生を交えて自然科学・社会科学分野の研究成果を発表し、参加者相互の交流と友好を促進するという内容である。

 第1回と第2回は大阪大学で開催されており、今回は初めて神戸大学が会場となる。ベトナムから教授5名が招聘されるほかに、日本在住の多数の研究者が、助言者・コメンテーターとして参加の予定である。主催者は、神戸ベトナム青年学生協会である。同協会のHIEP会長(神戸大学大学院国際協力研究科・博士後期課程2回生)からの協力依頼があり、もちろん快諾した。

 昨年の「VJSE 2005}の様子については、次のホームページを参照。www.svhandai.org/vjse2005/ 

 文部科学省のデータによれば、外国人留学生数は109,508人(2003年5月1日)であり、その出身国は、中国(64.7%)・大韓民国(14.5%)・台湾(3.9%)・マレーシア(1.8%)・タイ(1.5%)・インドネシア(1.4%)・ベトナム(1.2%)・アメリカ合衆国(1.2%)・バングラディッシュ(0.9%)・モンゴル(0.7%)・その他(8.2%)である。 

 日本の留学生の圧倒的多数は中国人である。ベトナムは第7位である。そのベトナム人留学生が、全国規模の学術交流集会を主体的・自主的に開催するというのである。さすがにベトナムである。ベトナム人留学生の組織力・独自性・研究意欲を十分に発揮している。

 現在、一般企業や団体組織からの後援(資金提供)を求めている。後援者になれば、この集会のポスターやホームページに名前やロゴを掲載することができる。このような集金体制もベトナム人らしい工夫である。この件についての問い合わせは、vjse2006@gmail.com (事務局)まで。

|

« アルバイト学生が「社会人学生」に変身? | トップページ | ベトナムと「餃子の王将」の深い関係!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/1398844

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナム人留学生が学術交流集会を主催:

« アルバイト学生が「社会人学生」に変身? | トップページ | ベトナムと「餃子の王将」の深い関係!! »