« テトの話 | トップページ | ベトナム縫製業:後藤論文の紹介 »

2006年1月11日 (水)

就職面接の傾向と対策

 本日の教授会で就職委員会の報告がありました。採用のための最初の面接は、第一印象で勝負が決まる。目が輝いている。声が明朗である。活気や意欲が感じられる。利発そうに見える。礼儀正しくキビキビしている。こんな第一印象で合否は決められるそうです。要するに、ボーッとして生気が感じられないなら、それで不合格ということです。その合格者について、次は「大学で何を学んだか」が厳しく問われる。

 大学生に「即戦力」は無理ですが、「早期戦力」は期待されています。大学時代に積み上げてきた学習力・成長力・応用力・創造力・企画力などの具体的な実績を示すことが、就職でアピールするでしょう。就職活動を迎えようとする3回生が、これから実績を新たに作ることは難しいでしょうが、実績を整理することはできます。

 では、どのように整理すればよいか。その答えは、比ゆ的に言えば、多変量解析における因子分析や主成分分析を自分の実績について適応するということです。これまでの実績・経験を列挙して、そこから共通の因子を導き出すのです。野球部で頑張ったということを、たとえばゼミでリーダーシップ論を勉強したことと結びつければ、野球部でのリーダーシップの重要性を語ることができるし、たとえばゼミで共同研究をしたことと結びつければ、協調性や責任感をアピールすることができます。

 これまでの出来事を箇条書きにして、それぞれを組み合わせて共通のアピールポイントを複数用意すればよいと思います。ここで重要なことは、出来事を書いて眺めることです。カードにしてもよいでしょう。このような作業を真剣にして、自己分析を進めることが、自己アピールを強化することになります。ただ漠然と、過去の出来事を並べた話は聞いていて退屈ですし、印象に残りません。

 就職活動を前にして、後期試験があるわけですが、その後には準備に十分な時間をかけるように期待しています。日々のアルバイトに流されて、一生を左右する就職活動に集中できないことがないようにしてもらいたいと思っています。

|

« テトの話 | トップページ | ベトナム縫製業:後藤論文の紹介 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7888/310450

この記事へのトラックバック一覧です: 就職面接の傾向と対策:

» TOEIC980点獲得!30歳からできたラクラク英語マスター法! [ラクラク英語勉強法]
10ヶ国語を操る現役翻訳者が教えるラクラク英語勉強法。 本場で使える英語を最短距離でマスターする秘訣とは? あなたは何故英語がなかなか上達しないかご存知でしょうか? それには日本人の誰もが陥ってしまう日本人英語の弱点があるのです。 その弱点を知るだけで面白いように英語が頭にはいってきます。 もしあなたが少しでも早くラクして英語をマスターしたいなら今すぐご覧ください。... [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 16時21分

» みんなの就職活動日記 [就職]
「みんなの就職活動日記」「みんなの就職活動日記」とは情報交換のできる掲示板のことです。「みんなの就職活動日記」については、就職活動をしていると何度か耳にしたことがあると思います。それほどに、「みんなの就職活動日記」は有名かつ大きな情報サイトです。...... [続きを読む]

受信: 2007年2月24日 (土) 20時46分

« テトの話 | トップページ | ベトナム縫製業:後藤論文の紹介 »